お正月料理の「おせち」や「お雑煮」にどんな歴史があるのか、ご存じですか?実は、おせち料理の起源は非常に古く、先人たちの想いが引き継がれてきたお祝い料理なのです。
ここでは、意外と知られていないおせちやお雑煮の起源や歴史について、ご紹介していきたいと思います。

お正月料理「おせち」の起源は神様へのお供え物

出典:Shutterstock

お節料理の起源は大変古く、なんと弥生時代からあるといわれています。
弥生時代の人々は、作物や漁による収穫を四季に合わせて神様に感謝し、節目としていました。この節目に、神様に向けてお供えした物を『節供(せっく)』といい、これを調理したものを『節供料理』と呼んでいました。この節供料理が、おせち料理の始まりといわれています。
その後、宮中行事の中で『節会(せちえ)』と呼ばれる宴が開かれ、この際に出されていた節供や節供料理のことを『御節供(おせちく)』と呼ぶようになります。時を経て「おせちく」が省略され、「おせち」と呼ばれるようになったのが由来です。

昔はお膳に盛られた料理を「おせち」と呼んでいた

出典:Shutterstock

おせちが神様への供物とされていた頃は、料理をお膳に盛るだけでした。現代のように重箱に詰めて食べられるようになったのは、明治以降といわれています。
明治の頃は、お膳に供えた煮物のことを『御節(おせち)』と呼び、重箱に詰めたものは『食積(くいつみ)』と呼んでいました。食積とは江戸時代の食味用語で、現代では俳句の季語として使われています。

「お雑煮」の起源は節供のお下がり!?

出典:Shutterstock

おせち料理とともに、お正月に食べられているお雑煮。その起源は、平安時代にまでさかのぼります。
もともとは『煮雑ぜ(にまぜ)』といわれており、いろいろな具材を一緒に煮たことが語源とされています。煮雑ぜは、年越しの夜に神様に供えていたお餅と土地の産物を、新年の一番最初に川などから汲んだ水と最初に焚いた火を使って煮込んだもののことで、元旦に食べていたとされます。
お雑煮は沖縄を除き全国で食べられていますが、中に入っている具材や餅の形、出汁などは、地域や家庭によって異なります。

お雑煮に必ずお餅を入れるのはなぜ?

お雑煮に欠かせないお餅ですが、このお餅にも由来があります。それは神様への供物としてお正月に飾る、丸い鏡餅に関係があります。
鏡餅は神様が宿るとされており、鏡の形に似せた形をしています。鏡餅を神様にお供えし、神様を迎え入れようとするものです。食べると神様からの恩恵を受けられるとされ、お正月に鏡餅をいただくようになりました。
また、豊作や子孫繁栄をもたらしてくれる里芋や大根なども一緒にいただくことで、さらなる豊作や繁栄を願ったのです。そこから煮雑ぜが始まり、お雑煮として現代まで伝わっています。
お餅は切れ間なく良く伸びるという特徴から、「長寿」祈願の意味もあります。
また、使われるお餅の形状は関西と関東で違いがあり、関西では丸餅、関東では角餅が使われることが多いようです。

「おせち」や「お雑煮」には素敵な歴史があります。先人たちの願いを込めて受け継がれてきた日本の伝統料理なのです。
先人たちの願いに思いを馳せてありがたくおせちを頂くのも、伝統文化の楽しみ方の一つと言えるのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

今さら聞けない!おせちのルールやいわれとは?

新年を彩るのに欠かせないおせち料理。古来より伝わる「いわれ」やお重詰めのルールなど、意外と知らないおせちの基…

サン / 929 view

誰でも簡単!手作りおせち料理に挑戦しよう

おせち料理を作るのは手間がかかります。最近では購入する方が主流になってきていますが、来年は簡単に楽しくおせち…

サン / 834 view

意外と知らない?おせちの品目や意味合い

正月三が日の料理として欠かせないおせち。重箱に詰められるひとつひつの品目には、それぞれ願いや意味が込められて…

やすフォー / 479 view

関連するキーワード