こどもの日に五月人形や鯉のぼりを飾る理由はご存知ですか?子どもに聞かれてすぐに答えられるでしょうか?
「男の子に関する日で、元気にたくましく育ってほしいと願う日」というイメージだけお持ちの方が多いと思います。何故そうなったかということは、あまり知られていません。

由来を知ると、より意味のある行事になります。子どもに聞かれて困ることなくスラスラ答えられる姿は、子供の目にも「カッコいい!」と映ることでしょう。

こどもの日は縁起が悪い日だった?

こどもの日は、5月5日に制定されている国民の祝日の一つ。端午の節句と呼ばれています。祝日法2条によると「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」という趣旨があります。「端」は「始め」という意味があり、午は数字の五と同じ読み方なので、月の初めの5の日を意味します。

元々は中国から入ってきた厄払いの行事で、中国では5月5日は縁起が悪い日とされていました。そこで菖蒲を門に飾ったり、菖蒲をつけたお酒を飲んで厄払いをしたりしていました。
日本では菖蒲は、武道・武勇を重んじる尚武と同じ読み方であったことと、菖蒲の形が剣のようであったことから、男子の健やかな成長を願う行事として認識されるようになりました。

五月人形はたくましく育ってもらいたいという願い

では、なぜ五月人形を飾るようになったのでしょうか?兜や鎧を飾る習慣は、武家社会から始まりました。武将が身を護る大切な道具として、安全を願って神社に奉納していたことが始まりです。
現在では、「武士のように強くたくましく育ってもらいたい」「子どもを交通事故や病気から身を守ってもらいたい」などの願いを込めて飾っています。
五月人形には、兜や金太郎、武将などさまざまな種類があります。どの人形も魅力的ですが、人形に込められている願いや由来を知っておくと、選ぶときの決め手になります。

鯉のぼりに込められた子どもへ思いは?

出典:Shutterstock

五月人形には「強い男の子になってもらいたい」という意味があるのは、兜や鎧などから連想して何となくわかる気がします。しかし、鯉のぼりの意味はわかりにくいですよね?

江戸時代、武士の家では跡取りとなる男の子が生まれると、感謝の気持ちを表す意味と、病気をせず健やかに成長してくれるよう願いを込めて、家紋付きののぼりを飾る習慣がありました。その習慣が庶民の間で広がったことが、鯉のぼりの由来です。
鯉は池や沼でも生息できる生命力の高い魚です。また中国では、激流をさかのぼり、竜門という滝を登ると竜になって天に上るという伝説があります。そのため鯉のぼりには、どんな環境にも立ち向かっていけるように、との立身出世の願いが込められているのです。

五月人形と鯉のぼりはいつからいつまで飾るのが望ましい?

雛人形はすぐに片づけるのが良いとされていますが、五月人形と鯉のぼりには飾る期間に決まりはありません。極端な話、通年出していても大丈夫です。ただ、季節感を考えれば1年中出しておくことに抵抗を感じてしまいます。

地域によって期間の違いはありますが、春分の日から4月中旬に出すのが良いでしょう。遅くても4月29日(昭和の日)までに出しておくのが良いかもしれません。お日柄はあまり気にしなくて大丈夫なので、出せるときに出してしまいましょう。
片づけは、祝日が終わり次第なるべく早めにしまうようにします。梅雨入りが近くなるので、5月の中旬までには片づけてしまうのがおすすめです。空気の乾燥した天気の良い日に片づけると、湿気や虫食いなどを避けることもできます。

いつの時代も、我が子に元気にたくましく成長してもらいたいと思うのは当然のことです。昔から伝わってきたこの行事をより深く理解することで、子どもへの愛情をさらに深めることができるのではないでしょうか。
生まれきたこと、元気に成長していることに感謝し、こどもの日を楽しく過ごしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

【ひな祭りの基礎知識】ひな人形の選び方・扱い方

3月3日は桃の節句といって、お祝いをする日です。ひな祭りに飾るひな人形の選び方や扱い方などの基礎知識を学んで…

サン / 843 view

日本の記念日に欠かせない食べ物の意味・由来

日本の記念日にはさまざまなものがあり、それぞれをお祝いするために欠かすことのできない食べ物があります。その意…

やすフォー / 1231 view

おせちが苦手な人も大丈夫!おすすめメニュー紹介

お正月の定番料理といえばおせちですが、味付けや使用されている食材で苦手という方もいます。そんなときにおすすめ…

やすフォー / 1014 view

関連するキーワード