おせち料理の由来・定義

見た目も豪華な正月料理「おせち」。年末から年始にかけて、台所で祖母や母が煮物を作ったり、重箱に詰めたりと、忙しく働いているのを思い出す人も多いことでしょう。

和の心を感じるおせちですが、実は「中国の節句」に由来しているといわれています。
節句とは、一年の節目に数えられる特別な日のことです。この節句という考えが中国から導入された頃の奈良時代の日本では、朝廷で節会(せちえ)という祝い事が催されるようになりました。やがて節会の祝い事が庶民に浸透し、いつしか節日には特別な食事を作ってお祝いをするという習慣ができあがりました。

日本の節句といえば、「桃の節句」「端午の節句」「七夕の節句」などが有名ですよね。同じように正月にも節句があり、これを人日といいます。もともとは節句に作られる料理全般の事を御節(おせち)と呼んでいたのですが、やがて節句の中でも特におめでたい、正月の人日に作られる料理のことだけを「おせち」と呼ぶようになりました。

そんなおせちですが、地域によって何段重かが異なるため悩む方も少なくありません。現在では「正式には何段」という決まりはないのですが、昔は五段重が正式だといわれていました。また、四段重が一般的だという説も出てきています。
今回は「五段重」をご紹介しますので、一の重から五の重まで、どんなものが中に入っているのかや、その意味について学んでいきましょう。

「一の重」に詰めるもの

出典:Shutterstock

一の重は”最初に食べるお重”であるため、軽くつまめるものが多く選ばれています。一の重に入れるものは、「祝い肴」です。祝い肴とはその名の通り、祝いの席には欠かせない料理のことです。
祝い肴は地域によって異なります。関東では黒豆と数の子とごまめ(田作り)で、関西ではごまめの代わりにたたきごぼうが加わることも。

「二の重」に詰めるもの

出典:Shutterstock

二の重に詰めるものは「口取り」です。口取りはかまぼこ、栗きんとん、だて巻きなど甘めの料理で、子どもにも人気です。
各料理の意味は以下の通りです。

・かまぼこ
紅白で縁起が良く、形が半円で初日の出のようにも見えることから。

・栗きんとん
漢字であらわすと栗金団。栗は黄金色でまるで財宝のように見えることからお金持ちになれるように。

・だて巻き
巻物のように見えることから学問成就。

「三の重」に詰めるもの

出典:Shutterstock

三の重に詰めるものは「焼き物」です。主に海の幸が多く、日本人になじみ深い食材が選ばれます。

・鯛
「めでたい」という言葉が連想されることから。

・海老
腰が曲がるほど長生きできるように、との願いを込めて。

・ブリ
成長につれて呼び名が変わる出世魚。仕事で出世するように、との願いを込めて。

「与の重」に詰めるもの

出典:Shutterstock

本来は四の重となりますが、四は死を連想してしまうことから、代わりに”与”という字を使います。与の重に詰めるものは、こぶ巻きや煮しめといった煮物です。煮物料理は日持ちするよう、味を少し濃い目につけてあります。

・こぶ巻き
「よろこぶ」と連想し、楽しい一年になるように。

・煮しめ
「ひしめきあう」と連想し、家族が集まる様子。

・椎茸
飾り切りをした亀甲椎茸で亀の甲羅に似せ、亀の長寿にあやかる。

「五の重」に詰めるもの

最後の五の重では、予備で上段に入りきらなかったものを入れるという説と、空っぽにしておくという二つの説があります。空っぽにする理由としては、「来年こそ重箱をいっぱいにできますように」という将来繁栄の意味が有力です。
せっかく五段のお重を準備したのであれば、願いを託して空にしてみてはいかがでしょうか。

おせち料理の由来や詰める食材の意味をご紹介しました。知れば知るほど素敵な願いが込められたお祝い料理であることがわかりますね。古くから大切にされてきた風習を、これからも大切にしていきたいものです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

地域によって異なる?さまざまな特色のあるおせち料理

お正月におせち料理を食べるのは全国共通ですが、おせちの中身は地域による違いがあります。地域ごとに違うおせちの…

やすフォー / 1012 view

おせち料理の品数にも意味がある!縁起の良い7品

おせち料理には定義があり、品ごとに由来や意味もあります。また、つめる品数も決まっています。今回は縁起が良いと…

フラミンゴ / 4096 view

意外と知らない?おせちの品目や意味合い

正月三が日の料理として欠かせないおせち。重箱に詰められるひとつひつの品目には、それぞれ願いや意味が込められて…

やすフォー / 475 view

関連するキーワード