春のイベント「お花見」。会社の同僚、家族や友人など、桜の下でいろいろな人達とお弁当やお酒を囲んで楽しむという方も多いことでしょう。多くの人が桜の木の下でお花見を楽しみますが、ふと「なぜ桜?」と疑問に思ったことはありませんか?
ここでは、お花見の由来や、なぜお花見で桜を見るようになったのか、などをご紹介していきます。

お花見の由来

お花見は字のごとく、「花を目で楽しむ」ということです。梅の花であれば「梅見」というように、花の名前を一番最初に付けて呼びます。
しかし、現在ではお花見というと「桜」を見ることが一般的です。昔は梅の花を堪能することをお花見と呼んでいました。いつから桜になったのでしょうか?

「お花見=桜」となったのは、平安時代に嵯峨天皇が催した「花宴の節」という宴で、桜を堪能しながら短歌を詠んで楽しんだことに由来しています。優雅に過ごさなければいけなかった平安貴族のお花見は、現在のようなお花見スタイルではありませんでした。
しかし、戦国時代を経て豊臣秀吉が開いた盛大なお花見が、いつしか庶民の間でも話題になっていったそうです。そこで徳川幕府は、「庶民も桜が楽しめるように」という想いを込めて桜を多く植えました。そして、江戸時代に染井村の植木屋が「エドヒガン」と「オオシマザクラ」を交配して作った種として、「吉野桜」が誕生します。
その後、奈良の吉野山の山桜と間違わないように、と「ソメイヨシノ」と呼ぶようになり、今では日本中の桜の8割を占めています。

なぜ「桜」が好き?桜が愛されるようになった理由

実は、お花見自体は平安時代よりも前の奈良時代から催されていたといわれています。貴族にとってお花見は、歌を詠んで楽しむもの。しかし、庶民にとってのお花見の意味は、貴族のそれとは違っていました。

古代神話以前の大昔、田の神を「サ」神と呼び、その神が鎮まる座を「クラ」と言いました。この2つが合わさり、鎮座した木のことを「サクラ」と呼ぶようになったそうです。
サ神を信仰した当時の農民は「サクラ」の木にお供え物をして、豊作を祈って宴をしていたことから、日本人が桜を愛するという説があります。
また、少しずつ暖かくなる季節に花が咲くことから、田植えを始める時期の目安としても桜は大切にされていたようです。

桜の種類はどれくらいある?

短期間で散ってしまう桜。実は、日本には600種類以上も桜があるのをご存知ですか?桜の種類により開花の時期も異なるため、桜の種類を知ることで長い期間桜を楽しむことができます。たくさんの種類の中から、いくつか代表的な桜をご紹介します。

・ソメイヨシノ
日本を代表する桜の一つ。気象庁が桜の開花発表をするときに基準にしている桜です。全国で楽しむことができます。

・八重桜
その名の通り、花びらが数多く重なった状態で咲くのが特徴で、他の桜と花弁の数や形が異なります。八重桜という名前は品種名ではなく、八重に咲く桜の総称です。なかには、花びらが40輪もある大型の桜で、国の天然記念物に指定されている「シオガマザクラ」もあります。

・河津桜
静岡県賀茂郡河津町で初めて確認された、早咲き桜として有名な「カワヅザクラ」。花びらの桃色が濃いのが特徴です。河津町以外でも見かけることがありますので、花びらの色が濃い桃色を探してみてはいかがでしょうか。

昔のお花見ではどんなものを食べていた?

今ではお酒を片手に、持ち寄った料理や弁当でワイワイ楽しむのが当たり前になったお花見ですが、昔のお花見ではどのようなものを食べていたのでしょうか。

・花見団子
「花より団子」という言葉があるように、花見団子は江戸時代からお花見で食べられていたといわれています。赤・白・緑のお団子で、赤は「春の桜の花」、白は「冬の名残雪」、緑は「夏をイメージしたよもぎ」を表しています。(諸節あり)

・お弁当
今でも定番のお花見弁当は、江戸時代でも身分の高低差を問わず食べられていたといわれています。お弁当の中身は、身分の高い人は当時高級だっただし巻きやかまぼこで、庶民は大根のお漬物などでした。

今では、お花見は桜を見ながらご飯を食べたりお酒を飲んだりと、自由に楽しむスタイルが主流です。しかし、季節行事の歴史を知ることでより楽しみが増すのではないでしょうか。
次のお花見は、いつもの花見弁当に花見団子や桜餅などを加えて、伝統的な季節行事として楽しんでみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

お迎えから送り盆まで!知って安心お盆の基礎知識

お盆は夏休みの特定期間のことではありません。迎え火や送り盆などの意味やマナーなどの基礎知識を深めて、先祖の霊…

やすフォー / 472 view

和食は地域別でこんなに違う!味付け例紹介

世界に注目されている和食は、日本独自の調味料がベースとなっていまが、全国どこも同じというわけではなく地域別に…

やすフォー / 2405 view

お正月挨拶「あけましておめでとう」の由来とは?

お正月の挨拶、「あけましておめでとう」の意味や由来、いつまで使える挨拶なのか、などについて知り、日本の伝統的…

やすフォー / 486 view

関連するキーワード