日本の伝統として受け継がれてきた、一年の始まりに食べるおせち料理。おせちを味わうことでやっとお正月気分になる、という方も多いと思います。年が明けて最初に口にするものなので、できれば縁起の良いものにしたいですよね!
最近ではおせち料理を予約購入することもできますが、心を込めて手作りしたいという方も多いと思います。
しかし、ただなんとなく料理を重箱に詰めるだけでは正式なおせち料理とはいえません。詰め方の順番やしきたりもあります。ポイントさえおさえておけば、難しく考えなくても大丈夫ですよ!

なぜ重箱に詰めるのか?

おせち料理は重箱に詰められている状態が通常だと思います。これは”幸せを重ねる”という意味もあり、縁起を担ぐものです。
四季を表す四段重が正式ですが、一般家庭では三段重や二段重のところが多いようです。上の段から、一の重、二の重と数え、詰める料理の種類なども決まっています。

一の重に詰める料理は祝い肴や甘いもの

出典:Shutterstock

一番上段の一の重には、祝い肴と呼ばれる料理を詰めます。口取りや先付など、見栄えの良い前菜のようなものが基本です。
黒豆や栗きんとん、紅白かまぼこや昆布巻きなどのような、おとその肴になるような料理が中心になります。お酒を飲めない子供でも食べられるような、甘い味付けの料理が多いのが特徴です。

二の重にはメイン料理

焼き魚や酢の物などの、メインとなる料理が中心となります。鯛、海老、数の子、紅白なますのほか、近頃では肉料理やカニなどのごちそうを詰める家庭もあるようです。
鯛や海老などの食材を詰める時は、頭が左を向くように詰めましょう。

三の重は煮物料理

出典:Shutterstock

筑前煮、里芋、蓮根、こんにゃくなどを使った野菜の煮しめなどの煮物を詰めます。一見、普通の煮物料理のようですが、使われている食材にはそれぞれ縁起の良い云われがあります。
例えば、蓮根は多くの穴が開いているので「見通しがきく」という意味があり、里芋は子孫繁栄の意味があります。

詰め方の種類

重箱に詰めていく形にもいろいろあります。

・普通に田の字のように仕切って詰める「田の字型」
・平行に仕切っていく「段詰め」
・枡の形を模した「枡形詰め」
・ひし形に仕切る「七宝型」
・角から扇のような曲線を描いて詰めていく「扇子型」

非常に多くの種類の仕切りの形がありますので、食材の大きさや種類などを生かせる見栄えの良い詰め方を選びましょう。
不器用なのであまり自信がないという方には、お重用の仕切りやお正月用の仕切り用の器なども売られているので、そちらを使用してみるのも良いと思います。

上手に詰めるポイントは?

出典:Shutterstock

おせち料理を美しく上手に詰めるポイントをご紹介します。
まず、奥の方から順番に詰めていき、なおかつ大きなものや型崩れしにくいものから詰めていきましょう。失敗しにくくなりますよ。
酢の物など汁気の多い料理は、竹筒や柚子をくりぬき中身を抜いた器や、お正月向きの小さな器に入れるなどして、汁が他の料理に移ってしまわないように注意しましょう。また、一つの重に奇数の品数が入っている方が縁起が良いとされていますので、品数にも注意しましょう。
おせち料理を手作りしたいけど、しきたりなどがよく分からない、という理由で断念してしまう方も多いと思います。基本的なルールさえ守っていれば、あとはセンスの問題だと思いますので、ぜひチャレンジしてみてください。
一品一品作っている時間がないという方は、おせち用の料理を購入して自分で重箱に詰めるという方法でも良いと思います。

おせち料理の食材や料理には、一つ一つ縁起を担ぐ意味があります。
見た目も美しく華やかに盛り付けられたおせち料理を食べると、一年の成功や健康を願う良いスタートにもなります。ぜひ今年は心を込めたおせち料理を作ってみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

手作り「ワンプレートおせち料理」の盛り付け方コツ

手作りおせち料理で最近話題になっているのが、ワンプレートに盛りつけるおせち。キレイに見せるコツ4つをご紹介し…

フラミンゴ / 2775 view

こんなにあるの!?おせちの種類をご紹介

日本のお正月の伝統的な料理であるおせち。和風が一般的ですが、最近ではネットや雑誌などで洋風や中華など、さまざ…

やすフォー / 584 view

アイデア満載♪人気のかわいいおせち料理作りに挑戦しよう

「可愛いおせちで新年をお祝いしたい」という方必見!今人気のかわいいおせち料理の作り方や盛り付けテクニック、子…

*koishi* / 1464 view

関連するキーワード