【実は歴史が深い】おせち料理についての「いわれ」を知ろう

新たな年を迎えるたびにお祝いとして用意する「おせち料理」ですが、その歴史はなんと弥生時代にまでさかのぼるといわれています。
季節や天候に左右されながら農耕で食料を得ていた昔の人たちは、得られる作物を「自然からの恵み」として、神に感謝していました。
その後、中国より伝わった「五節句の風習」と呼ばれる行事の影響を受け、やがて「節会(せちえ)」と呼ばれる行事へと姿を変えていきました。節会で出される食事のことを「御節供(おせちく)」と言い、現代の「おせち料理」の語源となったといわれています。
最初は宮中行事だった節会ですが、江戸時代になると庶民にも浸透していきます。そして「一年で一番大切な節日」であるお正月に振る舞うご馳走を「おせち料理」と呼ぶようになり、現代に通じる風習が現れ始めました。

それぞれの料理に意味を込めたり、料理を重箱に詰めるようになったりと、時代とともに変化していったおせち料理。現代のおせち料理の形になったのは明治時代だといわれています。
時代とともに生活環境が変化し、やがて「今年も無事に新しい年を迎えられた」といったお祝いとしての意味合いが色濃くなり、現在のおせち料理の形が完成したのです。

【祝い肴と口取りを】お重詰めのルール・壱の重

お重箱は上から一段、二段と数えます。つまり「壱の重」は、一番上の段のことを指します。一番上のお重箱には、お正月にふさわしい祝い肴と口取りを詰めるのがルールとなっています。

祝い肴とは、主にお祝いの席で出される「酒の肴」のことで、黒豆、数の子、ごまめの3種類を「三つ肴」と呼び、関西ではごまめではなく、たたきごぼうを使用します。それぞれに「子孫繁栄」「豊作」「開運」など、縁起担ぎとしての意味が込められています。
口取りも酒の肴になる料理のことで、少し甘めの料理のことを指します。代表的なものは昆布巻き、紅白かまぼこ、きんとん、伊達巻、ちょろぎ、錦玉子などです。

全ての段に共通していますが、料理の品目を「陽数」と言われる奇数になるように調整し、美しく盛り付けましょう。

【酢の物に海の幸などの焼き物を】おせち料理のメイン・弍の重

上から二段目にあたる「弐の重」には、縁起が良いとされる海の幸を使った焼き物を詰めます。ぶり、鯛、海老などがメインの食材として定番です。

ぶりは、成長するに従い名前が変わる「出世魚」の一種です。そのため、「将来は出世しますように」という願いが込められているのです。
鯛は「めでたい」という言葉でお馴染みの、お祝いの席では定番の魚です。その姿や味は、お正月を祝うのにぴったり。
海老は「長寿」の象徴です。体が曲がっている海老の姿から「腰が曲がるほど長生きできますように」という願いが込められています。

さらに、ボリューミーなご馳走の中で、箸休めとしていただく酢の物も一緒に詰めます。紅白なます、菊花かぶ、小肌栗漬けなどが代表です。
紅白なますは「水引」をイメージしていて、平和への願いを表しています。また、冬に旬を迎えるかぶを「長寿の象徴」として菊の形に切ったものが菊花かぶです。
「五穀豊穣」の願いが込められた小肌栗漬けに使用される小肌という魚は、鯛と同じく「出世魚」の一種で縁起が良いとされています。

最近では三段重が主流ですが、五段重の場合は「与の重」である四段目に、酢の物と和え物を詰めましょう。

【ドンっと煮物を】おせちの中でも個性がキラリ・参の重

三段目である「参の重」は、各家庭で味付けの個性が光る煮物をたっぷりと詰めましょう。煮物は一般的に「煮しめ」と呼ばれます。
人参、れんこん、里芋、ごぼうなどの山の幸と鶏肉など、さまざまな具材を一つの鍋で汁がなくなるまで煮しめることから「家族が仲良く結ばれますように」という意味を持っています。
煮しめで使用される具材にも、様々な意味や願いが込められています。
たくさんの穴が空いているれんこんは、その穴から「将来が見通せるように」と、将来安泰を祈願したものです。
また、里芋には「子孫繁栄」の意味合いが込められています。これは、里芋の成長過程で小芋がたくさんできることに由来しています。
さらに、ごぼうは地中に細く深く根を張る根菜であることから「幸せが長く続く」また、折れにくいことから「失敗しにくい」など、縁起の良い食べ物といわれています。

毎年何気なく用意している「おせち料理」にも、それぞれに素敵な意味が込められていることを知れば、時間や手間のかかる調理も有意義なものになるのではないでしょうか。
なんとなくではなく、きちんと願いを込めながら用意したおせち料理から始まるお正月で、より素敵な一年を迎えてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

おせち料理の作り方は難しくない!簡単レシピ紹介

伝統的なおせち料理の作り方は手間がかかってしまいますよね。今回は、地方に伝わるおせちや洋風素材を利用したアイ…

サン / 1053 view

誰でも簡単!手作りおせち料理に挑戦しよう

おせち料理を作るのは手間がかかります。最近では購入する方が主流になってきていますが、来年は簡単に楽しくおせち…

サン / 926 view

おせち・お屠蘇って?お正月の食べ物に関する雑学

お正月の代表的な食べ物であるおせちやお屠蘇。元日に家族揃っていただく食べ物には、それぞれ意味や由来、込められ…

やすフォー / 908 view

関連するキーワード