お花見ってそもそもどんな行事?

満開になった桜を目で楽しみ、持参した美味しい料理やお酒を舌で楽しむ。暖かく柔らかい風に吹かれながら、何気ない日常を麗しい桜色が彩ってくれる少し特別なイベント「お花見」。毎年楽しみにしている人も多いのではないでしょうか?
春になると一斉に咲き出す桜。すぐに散ってしまう儚さに日本人は心を奪われますよね。たくさんの人が桜の木の下で集まり、お祝いする情景もまた素敵です。そんな、おめでたい席に登場する「お赤飯」は、桜と同じピンク色でお花見弁当としても大人気です。
このようにお花見は日本の風物詩になっていますが、古来より行われているお花見の由来を知っている人はあまり多くありません。そこで、日本人なら知っておきたい、お花見の由来についてご紹介します。

お花見の由来とは?

日本でお花見の風習が生まれたのは、奈良時代だといわれています。貴族たちが花を愛でながら、その情景を歌に詠んでいたことが始まりです。もともとは中国から伝来した「梅」が主役だったそうで、桜を楽しむようになったのは平安時代になってから。貴族の間で行われていたお花見は、やがて「豊作祈願」の行事として庶民に伝えられました。
「サクラ」という名称の語源にも諸説あります。中でも、「サ」とは稲(サ)の神のことで、春になると里にやってきます。その稲の神が座る場所のことを「クラ」だという説が有力といわれています。人々は豊作を願い、桜の木の下で神様をもてなすために、美味しい料理やお酒を持ち寄りました。

華やかなお弁当にピッタリなお赤飯の豆知識

お赤飯は歴史も古く、もともと「ハレの日」に食べる御飯という意味があります。お赤飯はその見た目通り、米を赤く色付けします。なぜかというと、赤色には「邪気を払う力」があるといわれていたためです。おめでたい席や祝い事での食事として一般的でした。その「おめでたいことがあると赤飯を炊く」という風習が現代も受け継がれ、お花見でもお赤飯が食べられるようになったのです。

そろそろ要注意!お赤飯もキケン?食中毒に気を付けよう

お花見には、手作り弁当が欠かせません。しかし、春先にお弁当から食中毒が発生する件数は少なくないのです。「暖かくなってきたばかりだし、気温もそんなに高くないから大丈夫」なんて思っている人は要注意です。
楽しい時間を無駄にしないためにも、食中毒対策をしましょう。食中毒を起こさないためのポイントをご紹介します。

・お赤飯は十分冷ましてから詰めること

お米は多くの水分を含んでいるため、温かい状態のままお弁当に詰めてしまうと、水蒸気がお弁当箱の中に溜まってしまいます。食中毒菌は水分が大好物なので、できるだけ水分が出ないように工夫する必要があります。一番効果的なのは、お赤飯をよく冷ましてから詰めることです。

・温度管理を徹底する

お弁当の中身の温度に注意しましょう。約35℃の状態が食中毒菌が一番活発に増殖する温度帯だといわれています。しかし、10℃以上から65℃以下の環境でも安心はできません。
中身に詰める食品は必ず一度加熱し、食中毒菌を死滅させてから冷まし、清潔な菜箸でお弁当に詰めましょう。食品に手を触れないように気を付けて下さい。持ち運ぶときには、保冷剤などを利用して10℃以下になるようにしましょう。

・ふたの裏側にワサビを塗る

ワサビに含まれている「アリルイソチオシアネート」と呼ばれる辛味成分に、抗菌効果があることをご存知ですか?ワサビは辛いので苦手な人もいると思いますが、調理に使うのではなく、お弁当のふたの裏に薄く塗るだけで、食中毒対策になるのです。子供と一緒にお花見弁当を食べる家庭でも、手軽に対策できますね。

どうせなら楽しく美しく!お赤飯を使ったアイディアメニュー

せっかく手間をかけてお赤飯を炊くのなら、盛り付けも一工夫してお花見気分を盛り上げたいところです。淡いピンク色が可愛らしく、華やかさを演出するにはピッタリですよね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

お正月は贅沢に!おすすめお取り寄せグルメ

1年の幕開けを祝う正月には、それにふさわしい料理が必要です。特別な日の贅沢な料理を簡単に購入できるおすすめお…

やすフォー / 909 view

うど・ふき・たけのこで季節の味わいを楽しもう♪

春の食材を代表する、うど、ふき、たけのこ。まさに季節の味わいですよね。今回は、春の旬食材の栄養分や下ごしらえ…

サン / 711 view

クリスマスで食べる料理ってどんなもの?基本事項を知っておこう

クリスマスディナーには、コース料理を食べる人も少なくありません。クリスマスディナーはどんな構成になっているの…

やすフォー / 581 view

関連するキーワード