おせちというと、「黒豆やきんとん、煮物が入っている」「重箱に入っている」など、イメージがぼんやりしているという人も多いものです。
おせちは新年を健やかに過ごせるように、多くの縁起を担いでいます。それぞれの料理に込められた意味を知っておくと、おせちの品数や手作りする際に入れておきたい料理なども決めやすくなりますよ。

おせちは縁起もの!おせちの段数の意味とは?

おせちは一般的に重箱に詰められています。これは幸せを重ねるという意味からきています。市販のものは二段、三段が主流ですが、正式な段数は四段。上から「一の重」「二の重」「三の重」「与の重」と呼びます。四を与というのは、四は死に通じることから、与と呼び換えているのです。

おせち料理は懐石料理と同じように、「祝い肴」「口取り」「焼き物」「酢の物」「煮物」の5種類ができており、それぞれの段に何を詰めるかが決まっています。
四段重の場合は、「一の重」に祝い肴、口取り、「二の重」に焼き物、「三の重」に酢の物、「与の重」に煮物です。五段重にする場合、一番下の五の重は空にしておきます。
三段重の場合は、「一の重」に祝い肴、口取り、「二の重」に焼き物、酢の物、「三の重」に煮物を詰めます。

おせちの品数はなぜ奇数が良いとされるの?

それぞれの段に詰める品数は、5、7、9など、奇数と決まっています。日本では古くから奇数は縁起が良い数字とされてきました。縁起を担ぐおせちにも、この数字が反映されています。ではなぜ、奇数は縁起がいいのでしょうか?
これは、日本の文化に古くから浸透している陰陽道の考えと関係があります。
陰陽道において、割り切れる偶数は「陰の数字」、割り切ることができない奇数は縁起が良い「陽の数字」と考えられています。そのため、おせちの品数は奇数が良いとされているのです。

地域差はありますが、おせちの品数はだいたい20~30種類です。しかし、最も大切な「祝い肴三種」とお餅があれば正月を迎えることができる、とされています。

これがなければおせちじゃない!「祝い肴三種」

地域によって差がありますが、祝い肴三種は関東では、黒豆、数の子、田作り。関西では黒豆、数の子、たたきごぼうです。

黒豆は、邪気を払ってくれる作用があると信じられていること、まめまめしく働けるよう、健康でいられるようにとの意味が込められています。
数の子は、卵の数が多いことから子孫繁栄の意味があり、カタクチイワシの稚魚を甘辛く炒め煮する田作りは、豊作祈願の意味があります。なぜ、カタクチイワシが豊作祈願なのでしょうか?これは、昔カタクチイワシが田んぼの肥料として使われていたことに由来します。地域によっては「五万米」と書いて「ごまめ」と呼ぶところもあるそうです。
関西の三品に入るたたきごぼうは、地中に深く根を伸ばすところから、家の土台がしっかりするように、という願いが込められています。

5品を選ぶならこれがおすすめ!

祝い肴三種とお餅があればおせちの体裁は整いますが、それだけではちょっと寂しいものですよね。

正月におせちを食べた人の割合は約75%。実に4人に3人がおせちを食べています。おせちの内容を調査したところ、最も多かったのが「手作りしたものに市販品を加えた(44.5%)」、次いで「お重セットを購入(22.8%)」、「用意されたものを食べた(18.7%)」「すべて手作りした(16.4%)」という順でした。(マーケティング・コミュニケーション調べ・2016年)。
最も多かった、手作りしたものに市販品を加えるパターンでは、祝い肴三種に2品加え、縁起の良い5品とすることが多いようです。

では、加えるならどんな料理が良いのでしょうか?
マイナビが2014年に行ったアンケートによると、好きなおせち料理は、1位「栗きんとん」、2位「数の子」、3位「黒豆」、4位「伊達巻」、5位「海老」でした。
祝い肴三種以外でランクインしている「栗きんとん」には、金運アップ、「伊達巻」には知識が増えるように、「海老」には腰が曲がるまで長生きできるようにという願いが込められています。また、最近はローストビーフや、高級ハム、鴨のスモークなどの洋風料理も人気です。

正月料理としてのおせち文化は、江戸時代に入ってから庶民の間で広がりました。現在のような重箱スタイルは、江戸時代後期から明治時代にかけて完成したものといわれています。ちなみに、おせちのルーツは奈良時代の宮中行事にまでさかのぼります。
品数を奇数にするのも、料理に縁起を担ぐのも、長い歴史の中で培われたもの。厳格に守る必要はありませんが、おせちを用意する際、品数や祝い肴三種などを意識してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

ネット通販おせちの選び方!失敗しない方法とは

おせちは、正月の大切な伝統的な料理です。でも、家庭で調理するのは大変。そこで今回は、便利でお得なネット通販の…

やすフォー / 525 view

こんなにあるの!?おせちの種類をご紹介

日本のお正月の伝統的な料理であるおせち。和風が一般的ですが、最近ではネットや雑誌などで洋風や中華など、さまざ…

やすフォー / 678 view

誰でも簡単!手作りおせち料理に挑戦しよう

おせち料理を作るのは手間がかかります。最近では購入する方が主流になってきていますが、来年は簡単に楽しくおせち…

サン / 926 view

関連するキーワード