「うなぎは高級すぎて普段は食べられない」という方でも、土用の丑の日には食べることが多いのではないでしょうか。
「うなぎを食べる日=土用」と、日本では当たり前のことになっていますが、そもそも土用の丑の日とはどんな日なのでしょうか?また、どのような経緯でうなぎを食べるようになったのでしょうか?
今回は、土用の日とうなぎの関係をご説明します。

土用の丑の日とは?何月の何日?

土用の丑の日は2つに分けることができます。「土用」と「丑の日」です。
土用は、24節気の中の4つである「立春・立夏・立秋・立冬」より前の18日間を指します。実は、夏だけでなく1年に4回もあるのです。そのため、土用は年によって日にちが変わります。
丑の日の意味ですが、昔は暦を干支で数えました。今もカレンダーによっては「子」や「寅」などが書いてあるものがありますよね。「土用の丑の日」とは、言い換えると「土用の間にくる丑の日」のことです。これで今年の土用の丑の日がいつなのか、カレンダーで確認できますね。

土用にうなぎを食べるようになったきっかけは?

土用の丑の日にうなぎが食べられるようになったきっかけについてご説明します。
土用の期間は、昔から暑い日が続いていたので、現代と同じくバテやすい季節でした。昔の人も「食い養生」、つまり健康は食べるものが肝心という考えのもと、土用の時期に精をつける食べ物を…と、食べられるようになったそうです。
ほかにも、江戸の狂言師がうなぎ屋に頼まれて、「土用の丑の日にうなぎを食べれば、病気知らず」という狂言を作り、宣伝に回ったことに由来するという説もあります。
さらに、「土用は「う」のつく食べ物を食べると良い」という言い伝えがあります。「丑の日」の頭文字からそう言われるようになったようです。うなぎは「う」のつく食べ物なので、ぴったりですよね。うなぎのほかには、梅干しや瓜などもあります。

うなぎの名産地、知っていますか?

土用がどのような日かを知って頂けたと思いますが、気になるのがうなぎの産地です。日本産のうなぎは沢山ありますが、どうせなら美味しく食べたいですよね?

うなぎの水揚げ量は、1位が鹿児島県、次いで愛知県、宮崎県という順番です。うなぎといえば、静岡県の浜松を思い浮かべる方も多いですが、実は、鹿児島県がうなぎの水揚げ量1位なのです。産地ごとに比べてみると、普段とは違った美味しさを発見することもできますよ。
ちなみに、うなぎの消費量トップ3は、石川県、滋賀県、三重県の順です。水揚げ量とまったく関係がないという点も興味深いですね。

オススメのうなぎ料理&うなぎの温め方!

うなぎ料理は「蒲焼き」「うな重」「うな丼」「白焼き」「肝吸い」「ひつまぶし」が代表的です。土用の丑の日にになると、スーパーやデパ地下もうなぎ祭りになりますよね。
今回は、スーパーで買ってきたうなぎをふっくら焼きたてのように食べる方法を伝授します!

用意するものはタレが塗られたうなぎのかば焼き。
まず、このうなぎに熱湯をかけてタレを洗い流します。表裏しっかり落とすのがポイントです。その後はキッチンペーパーでしっかり水気を取ります。アルミホイルに油をうすく引き、その上にうなぎを置いて、酒を適量ふりかけます。うなぎをアルミホイルで包み、グリルで4分ほど焼けば出来上がり。

こうすることで、お家でも焼きたてのようなほくほくのうなぎをいただくことができます。ぜひ土用丑の日には、美味しいうなぎを食べて日本文化を楽しんでください。

土用の丑の日にうなぎを食べる理由やうなぎに関する知識などをご紹介しましたが、いかがでしたか?
暑い夏とともにもうすぐ土用の丑の日がやってきます。「土用の丑の日とは?」と聞かれても、これで説明できますね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

出世魚の種類とは?意味・由来もご紹介

魚には成長に応じて名前が変わっていく出世魚がいますが、あまり詳しくは知られていません。代表的な魚の種類と意味…

やすフォー / 551 view

世界から注目を集める!日本の調味料の秘密とは

和食が世界文化遺産に登録されたこともあり、料理だけでなく日本の調味料も世界から注目されています。その魅力や美…

やすフォー / 1273 view

春の七草とは?知っておきたい基本事項

日本にはいろいろな行事や習わしがあります。お正月過ぎの春の七草もその一つ。春の七草がどういうものなのか、基本…

やすフォー / 344 view

関連するキーワード