そもそもお盆の始まりはいつなのでしょう?お盆の由来やきっかけは?お墓参りの基本的な作法やNGマナーには、どのようなものがあるのでしょうか。

お盆の始まりはお釈迦様の弟子の母親?!

お釈迦様の弟子が「亡くなった母親が地獄で逆さづりになって苦しんでいる」と知り、お釈迦様の教え通り供養したところ、地獄から救うことができた。ということが、お盆の始まりといわれています。
その供養が行われたのが旧暦の8月15日で、先祖供養の日となったようです。その後、旧暦から新暦になり、東京・横浜・函館では新暦7月15日を、そのほかの地域では8月15日をお盆としています。

実はご先祖様の迎え方には流れがあった!

今では知らない人も多いかもしれませんが、お盆を迎えるための準備は12日から始まります。

12日

盆棚や提灯などを組み立て事前に準備をする。

13日(迎え盆)

盆棚をお花やお供え物(あん団子)で飾り、夕方お墓参りをしてご先祖様をお迎えする。
外が暗くなってきたら迎え火を焚く。

14・15日

朝・夕とごちそうをつくり、盆棚へお供えする。
15日はそうめんが一般的。

16日(送り盆)

午前中までご先祖様がいるといわれているので、朝ご馳走(白団子など)をお供えし、送り火を焚いてご先祖様を送り出す。

提灯はご先祖様が迷ってしまわないように庭先につるします。長旅で疲れているご先祖様をあん団子でもてなし、細く長く幸せが続くようにとそうめんをお盆本番に供え、手土産として白団子をお供えします。
この3つのお供え物は、当時貴重だった米や小麦を使用したもので、平安時代に始まったそうです。

きゅうりとなずびを供える理由

お盆に、きゅうりとなすびに4本の割りばしをさし、乗り物のような形にしてお供えされているのを、1度は見たことがあるのではないでしょうか。きゅうりはご先祖様があの世から帰ってくるときの乗り物、なすびは荷物を乗せる物として供えるものです。
ご先祖様が早く帰って来られるように足の速い馬をきゅうりに見立て、ゆっくり帰れるように牛をなすびに見立てている、という説など諸説あります。
迎え盆である13日に、盆棚に対して頭を中に向けて飾り、送り盆である16日に頭を外に向けて飾ります。

昔はお盆が終わったらお供え物を川へ流していました。現代でも精霊流しや灯籠流しといった風習は残っていますが、和紙に包み、塩で清めてから処分する方法でも大丈夫です。

お墓参りの基本の作法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

お正月挨拶「あけましておめでとう」の由来とは?

お正月の挨拶、「あけましておめでとう」の意味や由来、いつまで使える挨拶なのか、などについて知り、日本の伝統的…

やすフォー / 1268 view

意外と知らない暑気払いのコト!基本事項をおさらい

日本には四季があり四季折々の行事もあります。夏には暑気払いをしますが、こういった風習も年々関心が薄れてきてい…

やすフォー / 1099 view

年齢ごとに呼び名が違う?長寿のお祝い一覧

日本には、長寿のお祝いをする賀寿という伝統的な行事があります。年齢に応じてさまざまな種類や呼び名がある長寿一…

やすフォー / 1089 view

関連するキーワード