おせち料理は作り方が難しく、時間がかかるもの。なかなか手作りすることができないという方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は、簡単レシピやアイディアおせちをご紹介します。

おせち料理の歴史を紐解く

おせち料理の歴史は古く、米作りを始めた弥生時代にさかのぼります。奈良時代になると、朝廷で節会として祝いごとの料理が食されていました。一般庶民が食べるようになったのは江戸時代からで、幕府が五節句を祝うように制定したことが始まりです。
その後、五節句の中で一番めでたい正月に食べられていたおせちが、現在の形になっていきました。

おせち料理はお重だけではありません

おせち料理とともによく紹介されるのが、雑煮。関東と関西では餅の形が違うことはよく知られていますが、おせち料理も地方によって違いがあります。
おせち料理は地域独自の素材も多く使われており、海に近い地域では海鮮系の素材を利用しています。また、畜産業が盛んな地域では、肉を多く使用しています。
ほかにも、芋などの野菜は地域によって採れる種類が異なります。沖縄では紫芋と呼ばれる淡泊な味の芋で作ったきんとんが一般的ですが、九州では芋をたくさん使った芋きんとんが主流です。

地方の簡単おせち料理を取り入れよう

地方のおせち料理をご紹介します。簡単なので、ぜひ作ってみてくださいね。

・べろべろ

石川県など中部の郷土料理で、薄味の寒天に溶き卵を入れて固めたものです。切り口がとても鮮やかな黄色なので、おせち料理が華やかになります。

・イカにんじん

福島県の郷土料理です。味付けは醤油のみが基本ですが、みりんを入れる場合もあります。
するめいかを細く切り塩でしんなりさせ、にんじんを混ぜるだけです。

・金時豆

徳島県では金時豆をおせち料理に使います。徳島県ではお好み焼きに金時豆が入った「豆玉」という料理も有名です。食文化に根付いているのでしょうね。

・きんぴらごぼう

神奈川県ではきんぴらごぼうをおせちに入れることが多くあります。きんぴらごぼうは、もともと江戸で大衆料理として広まった経緯があるので、正月でもおせち料理の一品として出されてきたのです。

・煮貝

「煮貝」はあわびを醤油で煮込んだもので、山梨県の名産です。海に面していない地域ですが、マグロの消費量が多い山梨県は海産物を好んで食べる傾向があります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

おせちは品数に決まりがある?入れるべき5品とは

おせちのイメージはできても、絶対に入れておきたい食材や品数などは意外と抜けてしまっているもの。そこで今回は、…

サン / 1324 view

ペットも大事な子供!ペットおせち料理の注意点

子供と同様に大事な家族であるペット。ペット用おせち料理をつくる時、どんな食材を使うべきか、使ったらいけない食…

サン / 703 view

土用の丑の日っていつ?基本事項を学ぼう

夏になると土用の丑の日がやってきます。聞いたことはあっても、土用の丑の日の意味を知っている人はあまり多くあり…

やすフォー / 356 view

関連するキーワード