ひな祭りは3月3日で桃の節句と呼ばれています。節句は中国から風習が伝来したもので、日本では季節の節目の大切なお祝い事として捉えられています。
ひな祭りの風習は古く、伝統的なお祭りです。しかし、意外に知らないことも多いのではないでしょうか。そこで今回は、ひな人形の選び方など、ひな祭りの基礎知識をご紹介します。

いつからお祝いされていたんだろう?ひな人形の由来

ひな祭りに人形を飾るようになったのは、平安時代といわれています。この時代の人々は、紙でできた人形(ひとがた)を枕元に置き、命を持っていかれないようにしていました。この人形を身代わりに川に流し、自分の災難を引き受けてもらう「流し雛」が最初で、その風習は今も続いています。
室町時代になると、紙の人形から布で作られたひな人形に代わり、宮廷内でお祝いをするようになりました。江戸時代になるとその風習が庶民にも普及し、女の子のお祝いとして定着したとされています。

基礎知識を学んでひな祭りを家族で祝おう!

ひな祭りは日本の伝統行事で、ルールがあります。詳しく学んでいきましょう。

・女の子の初節句を祝う

女の子が生まれて初めての3月3日を初節句といいます。この日は、両親や祖父母などと一緒にお祝いをします。

・ひな人形を飾る日はいつ?

飾る日にちは地域によって違いますが、節分を過ぎた頃の友引に飾るのが一般的です。
ひな祭り前日に飾るのは「一夜飾り」といって縁起が悪いのでやめましょう。

・ひな人形の置き方はあるの?

ひな人形にはタイプがあり、関東では天皇皇后の並び方にならって、左側に男びな、右側に女びなを並べます。
関西では明治時代前からの並び方にならい、右側に男びな、左側に女びなとするのが一般的です。

・ひな人形をしまう日はいつ?

ひな人形をしまう日が遅れると嫁に行きそびれるといわれることがあります。これは単なる迷信ですが、やはり長々と飾るものではありません。
節句が終わったら2週間以内に片付けるのが一般的です。

・ひな人形って誰が用意しておくもの?

地方によって誰が購入するのかは異なるため、家族で事前に話しておく必要があります。
一般的には女親の実家で用意することになっていますが、どちらの両親も買ってあげたいと申し出てくれることも多いため、決まりにこだわらなくても良いでしょう。

どこに注目したらいいの?ひな人形の選び方

出典:Shutterstock

お店ではひな人形がたくさん並べられていますが、初めて購入する人はどれを選べば良いかわからないものです。そこで人形を選ぶポイントをご紹介します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

親は何を着るべき?気になる七五三の服装

七五三のときの母親や父親の服装にこれといった決まりはありません。子どもが主役であること、神社という場にふさわ…

やすフォー / 473 view

節分の定番といえばコレ!人気の食べ物5選

節分は豆まきをするだけではありません。豆まきの由来と同じように、古い歴史や風習にちなんだ節分ならではのおいし…

やすフォー / 425 view

日本の祝日の意味・由来!意外と知らない日程の秘密

学校や会社が休みになる嬉しい日本の祝日は、法律によって定められた国民の祝日です。あまり知らない祝日にこめられ…

やすフォー / 1028 view

関連するキーワード