おせちの重箱は、段ごとに詰めるものが決まっているということをご存知ですか?三の重は煮しめを詰めるのが一般的ですが、煮しめの具材や詰め方は悩むものです。
ここでは、三の重に詰める煮しめの具材や由来、詰め方について解説します。

奇数が理想!煮しめの具材は何種類で何を入れる?

出典:Shutterstock

古来より日本では奇数が縁起が良いとされているので、煮しめの具材の数も奇数にします。使いたい具材の関係上どうしても偶数になってしまう場合は、南天の葉の飾りや絹さやなど、飾りを入れて奇数にしましょう。
具材は、梅にんじん、手綱こんにゃく、れんこん、しいたけ、ごぼう、里芋、たけのこ、くわい、結びこんぶなどが人気です。
煮しめの作り方は地方や家庭ごとに異なるため、味付けもさまざま。その土地の旬の根菜を使った煮物を入れることが一般的なため、筑前煮やうま煮など、お好みの物で問題ありません。

それぞれ意味がある!詰めるものの由来は?

おせちに詰める料理には全て由来や意味がありますが、煮しめの場合は全て一緒に煮るという調理法から「家族が仲良く結ばれる」という意味があります。
煮しめの具材、それぞれの由来や縁起をご紹介しましょう。

梅にんじん

縁起のいい赤。咲けば必ず実を結ぶ梅の花。

手綱こんにゃく

縁結び。手綱をしっかりもって自身を律するという克己心。

れんこん

大きな穴が空いていることから、将来の見通しが良くなるという意味。

しいたけ

亀甲に切って亀のように長生きできるよう、長寿祈願の意味。

ごぼう

豊作祈願。地中に深く生えることから、その土地に根を張り家庭の土台がしっかりとするという意味。細く長く生きるための祈願。

里芋

親芋に子芋が沢山つくところから、子宝祈願。

たけのこ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

おせちの主な中身と意味&苦手な料理の代替メニュー例

おせちの主な中身には、それぞれ意味が込められていますが、苦手な料理や食材が多い方には代替メニューのアレンジお…

やすフォー / 1620 view

おせち料理を手作りするときの詰め方ルール解説

新しい年の始まりを告げるおせち料理。手作りする方も多いと思います。今回は、おせち料理の詰め方の決まりや、上手…

フラミンゴ / 615 view

一人用おせちがプチブーム!おすすめの理由とは

お正月の定番おせちは家族の人数が少ないと、苦労してつくっても余ってしまうことも。そこで、便利でおすすめな一人…

やすフォー / 553 view

関連するキーワード