おせちは、縁起の良い食材を使って重箱を重ねることから、「めでたさを重ねる」という縁起をかついだ意味を持ちます。
重箱につめる中身は住んでいる地方や、それぞれの家庭によってさまざまですが、正月に火を使うことは良くないとされることから、保存食が中心になったともいわれています。

また、おせちに保存食を用いることには、「正月の三が日は主婦が家事仕事を休めるように」という意味も込められているそうです。
それでは、おせちの基本や一の重に入れる食材を学んでいきましょう。

おせち料理の基本

おせちはコース料理となっており、「祝い肴」「口取り」「焼き物」「酢の物」「煮物」に分けられます。
基本のおせちは重箱を四段重ねたもので、重箱は上から「一の重」「二の重」「三の重」「与の重」と呼ばれます。四段目の四は「死」を連想させることから、呼び名が変えられています。
また、おせちはどの段に何を詰めるかも決まっています。細かくは住んでいる地域や家庭のしきたりなどによって異なりますが、一般的に一の重は以下のように構成されています。

一の重につめるもの

一の重には、祝い肴を入れていきます。
祝い肴とは、「黒豆」「数の子」「田作り」のことです。これらが揃うだけでおせちの形が整うといわれるほど、この3品は重要な役割を持っています。

つめるものの意味

おせちは、中身につめる料理ひとつひとつに意味があります。

・黒豆

黒豆には、「一年を通してまめまめしく勤勉に働けるように」との願いが込められています。
また、「まめ」には「健康的」という意味もあることから、「病気にかかることなく健やかに過ごせるように」という願いも込められています。
その他、黒豆には「邪気払い」の意味もあるそうです。

・数の子

数の子は、ニシンの卵です。
ニシンの卵は数が多いことから、「子孫繁栄」の願いが込められています。

・田作り

田作りは、干したカタクチイワシの稚魚を飴炊きにしたものです。
カタクチイワシはかつて農作物の肥料として使われており、カタクチイワシを使った田畑が豊作になったことから、豊作を祈願する「五穀豊穣」の願いが込められています。
また、田作りは、同じく豊作を意味する「五万米」の当て字で「ごまめ」とも呼ばれています。

一の重をより充実させるために

一の重には「祝い肴」の他に「口取り」も入れて良いとされています。
口取りとは、「栗きんとん」「かまぼこ」「錦玉子」「伊達巻」などのことで、これらにもそれぞれに意味があります。

・栗きんとん

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

初めてのネットおせち!気をつけるポイントとは

ネット通販で気軽に注文できるおせち。便利ですが、初めての方には不安も多いものです。購入の際に気を付けるべきポ…

やすフォー / 562 view

おせちは品数に決まりがある?入れるべき5品とは

おせちのイメージはできても、絶対に入れておきたい食材や品数などは意外と抜けてしまっているもの。そこで今回は、…

サン / 1324 view

案外知らないおせちの歴史!料理に込められた意味

おせち料理に使用される食材には、そのひとつひとつに願いや思いが込められています。由来や歴史とともに食材にこめ…

やすフォー / 575 view

関連するキーワード