日本茶にはさまざまな種類があり、味わい、風味、香りもそれぞれです。お茶の種類に適した入れ方を学習すれば、最高に美味しい味を引き出すことができます。では、どのような入れ方をしたらいいのでしょうか。

お湯の温度

日本茶を入れるときは、お茶の温度に注意をしなければなりません。さまざまな種類がありますが、低温が適しているタイプか、高温の方が美味しさを感じられる成分を上手に引き出すことができるかを知っておくと便利です。
例えば、玉露は低温でじっくりとうまみ成分を引き出すことが必要になります。高温で入れる煎茶とは違って、50度程度の低温が玉露の場合は向いているのです。このように、同じ日本茶でも、美味しさを感じるための温度は微妙に異なっています。

水の選び方

お茶をおいしく感じるためには水も重要です。軟水であること、また水道水を使用する場合には工夫を施すことが必要になります。
日本の水はミネラルが少なめの軟水なので、日本茶に適しています。しかし、水道水には塩素が含まれているため、この成分がお茶のおいしさを損ねてしまうことも。可能であれば塩素を抜く作業をしましょう。
水道水は必ず沸騰させ、塩素抜きをしてから使用することが必要です。この手間が面倒に感じるのであれば、浄水器を取り付けると良いでしょう。

お茶別の入れ方

日本茶の種類によって正しい入れ方を習得し、旨味を上手に引き出せるようになりたいものですよね。お茶によって多く含まれている成分が異なっているため、それを引き出すためには正しい入れ方をしなければなりません。
高温が良いと思われがちな煎茶でも、実は低温で入れた方が良い場合もあるのです。細かく覚えていくことによって、おいしい成分を最大限に引き出せるようになります。

煎茶

煎茶は、上級タイプと普通タイプに分かれます。
上級タイプは玉露と同じくアミノ酸が多く含まれており、50度程度のお湯で入れると上手に旨味を引き出すことができます。
普通タイプは苦み成分のカテキンが多く、これは80度以上の高温のお湯によって引き出すことができます。茶葉の量は4gが目安で、急須に入れるのが一般的です。
上級煎茶のお湯の温度は低めが適していて、湯呑みに一度お湯を入れて温めることが必要です。また、急須に入ったお茶は湯呑みにすべて出し切るようにしましょう。

深蒸し煎茶

煎茶の中でも旨味が強い深蒸し煎茶。低温のお湯でじっくりとうまみ成分を引き出していきます。お湯は約80度で、一度に急須に入れるお湯の量は150ml程度が良いでしょう。急須に入れる茶葉は4gが適量です。浸出時間は、30秒程度で十分です。
多くの方に気軽に飲まれている煎茶ですが、あまり長く浸出させる必要はありません。急須に入ったお茶を湯呑みに入れる際は、最後の一滴まで絞り出し、うまみ成分をたのしみましょう。

玉露

日本茶の中でも旨味が凝縮されている玉露ですが、60度程度の低温のお湯を使用し、比較的長い時間で浸出させるのが特徴です。一度に急須に入れるお茶の量は100ml程度で、茶葉の量は6gが適当です。
茶葉とお湯を入れたら、うまみ成分であるアミノ酸を引き出すために2分ほど待ちます。煎茶よりも長く浸出しますが、これにより旨味の強い玉露の味を味わうことができます。
また、湯呑みにはあらかじめお湯を入れて温めておきましょう。急須に入れるお湯の温度が低めなので、湯呑みを温めておき、お茶の温度が低下しないようにします。

新茶

新茶には比較的高温のお湯を使用します。浸出時間も40秒程度と短めなので、日本茶の中では入れやすい種類です。急須には4g程度の茶葉を入れます。お湯の量は150ml程度が適量です。お湯の温度は80度程度が理想で、これによって新茶特有のさわやかな香りと味わいを楽しむことができます。逆に、旨味を強く出したい場合は、70度程度のお湯でじっくり浸出するとアミノ酸特有のまろやかな味わいを感じることができます。

玄米茶・ほうじ茶

日本茶の中でも気軽に飲むことが多い玄米茶やほうじ茶。95度の高温で一気に香りを引き出しましょう。入れ方が比較的簡単なので、お茶初心者の方も挑戦しやすいのではないでしょうか。
急須に4g程度の茶葉を入れ、95度のお湯を200ml程度入れます。浸出時間は30秒程度です。このタイプのお茶は旨味や渋みが少ないため、じっくり長く浸出する必要がないのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

食事に差が出る!ナプキンの使い方のポイント5つ

皆さんは食事中にナプキンを上手く使うことができますか?実は、ナプキンについて覚えておくべきことは沢山あります…

ぼんちゃん / 710 view

ナイフとフォークの置き方には意味がある?

ナイフとフォークは使いこなせても、食事中や食後の置き方に意味があり、国によっても違いがあることを知らない方は…

やすフォー / 4571 view

海外の反応に驚き!日本のお箸のマナー

日本文化はとても繊細で面白いと海外でも評判です。そんな日本文化の知識を深めるために、お箸の使い方や食事のとき…

ぼんちゃん / 1579 view

関連するキーワード