意外に知らないテーブルマナー。普段当たり前のように目にしているナイフとフォークですが、正式な使い方を知らないという人も少なくありません。

ナイフとフォークは洋食のマナー

ナイフとフォークの使い方は洋食を美しく食べるための常識です。正しい使い方を知っておきましょう。
持ち方や使う順番など、種類によってそれらは微妙に異なっています。普段使用しないようなタイプのナイフやフォークでも、正しく使うことができるようになりたいものです。

持ち方

ナイフとフォークの正しい持ち方をご説明します。
まず、右手でナイフを持ち、左手でフォークを持ちます。左利きの方も持ち方は変更しないようにしましょう。箸に比べると比較的持ちやすいため、常に同じ持ち方をして手に覚えさせるようにしましょう。ナイフもフォークも、刃の付け根の部分に人差し指をそっと添えると扱いやすくなりますよ。また、美しく料理を切ることもできます。

使う順番

コース料理は、ナイフとフォークが複数テーブルの上に並びます。外側から1本ずつ使用していくのが正しい使い方ですが、万が一使う順番を間違ってしまった場合もそのまま食事をしてください。そして、係の方に足りない分のナイフやフォークを補充してもらうようにしましょう。こうすることでさりげなく訂正することができます。

フォークの持ち替え

カジュアルなお店やマナーに厳しくないお店では、フォークを右手に持ち替えて食事をしてもOK。しかし、敷居の高いレストランでは、フォークの持ち替えはなるべく避けるようにしましょう。どんな料理でもフォークとナイフをそのまま使用して食べることができるので、基本的に持ち替えて食事をする必要はないのです。

置き方

食事の途中は、ナイフとフォークを「八」の形にしてお皿の両側に置くようにします。ナイフは刃を内側にして置き、フォークは背の部分を下にして置きます。見た目の美しさを考慮しながら置く場所を決めると良いでしょう。置く際に大きな音を立てないよう、そっとお皿の上にナイフとフォークを置くこともお忘れなく。

料理別の食べ方

料理の種類によってナイフとフォークの正しい使い方は異なります。そのため、それぞれの食材に適した使い方を習得していくことが必要です。食べ方がわからない料理が出てきた場合は、基本のマナーに沿って品良く料理を口に運ぶことが大切になります。

魚料理

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

【食事のポイント解説】焼き魚のキレイな食べ方

「食事のとき焼き魚がでてくるとドキッとする」という人は、案外多いのではないでしょうか。そこで今回は、焼き魚を…

ぼんちゃん / 2262 view

もう迷わない!カトラリーの種類・用途まとめ

カトラリーには種類があり、用途や使い方が異なります。基本マナーをしっかり習得して、どんな料理が出てきても堂々…

あおい / 3531 view

【マナー解説】日本茶の飲み方とお茶請けの食べ方

おもてなしをしていただいたとき、作法に自信がなくてぎこちなくなってしまう、という方必見!日本茶の飲み方などの…

ぼんちゃん / 3820 view

関連するキーワード