七五三は日本人にとって当たり前のお祝いになっています。その由来やお祝いする理由、お祝いにピッタリの料理など、基礎知識を学んでいきましょう。

七五三とは?

七五三は、7歳、5歳、3歳になった際に、子供が無事成長したことへの感謝と今後の無事を祈願する伝統的な行事です。
江戸時代に、将軍徳川綱吉が我が子の神置の儀を行ったことが起源とされています。室町の頃は乳幼児の死亡率が非常に高く、生後間もなく亡くなることが珍しくありませんでした。3、4歳になって初めて現在の戸籍に当たる氏子台帳などに登録されるほどだったといわれています。
七五三の原型となる行事は、それまで無事に成長できたことを祝って、土地の神様に感謝をし、ご加護を賜るよう祈願する儀式として江戸時代に定着したものです。

3歳の男女が、髪を伸ばし始める「髪置き」の儀式、5歳の男子が初めて袴をつける「袴着」の儀式、7歳の女子が、初めて帯を使い始める「帯解き」の儀式が元になって、明治時代に現在の七五三の形が定着しました。
七五三の基礎知識に触れて、七五三が単に着物やスーツで着飾って千歳飴を提げて歩くだけでのものではない、ということを理解していきましょう。

七五三の時期

七五三の時期は、江戸時代に5代将軍綱吉が、我が子の髪置きの儀を行ったのが11月15日であったことにちなんでいます。11月15日が二十八宿の寄宿日という婚礼以外のどんな祝い事をするのにも吉であったこともあって、七五三に適しているという説もあります。
昔は11月15日にこだわってお参りする方も多かったようですが、付き添う両親が仕事を休めない平日になることも多いため、15日前後の土日、11月中、というように、あまり期日を気にしないようになりました。現在では10月~11月中にお参りすれば良いという考え方が一般的で、家族や親族が揃ってお祝いできる日を選ぶことが多いようです。

11月15日前後の土日は、現在でもお参りする人で混雑します。祝詞をあげてもらうのにも時間がかかるため、両親の都合がつくなら、平日にお参りすると良いでしょう。待ち時間や混雑がなく、子どもの負担も減ります。

七五三では何を祝うの?

七五三は本来、乳幼児の生存率が低かった時代に無事ここまで生きてこられたことに対して感謝したり、これから先の健康を祈念したりするものでした。昔は数え年にこだわっていましたが、現在では、満年齢で祝うことが多いようです。
子どもの健やかな成長を祝う家庭行事なので、祝い方に決まりがあるわけではありません。子どもが着慣れない着物やスーツを着て歩くのに苦労することを考えて、近くの神社にお参りする方も多いことでしょう。お参りでは、初穂料を納めて神主に祝詞をあげてもらうのが一般的です。

家族だけでお祝いしても構いませんが、日頃なかなか会うことができない祖父母も招いて、一緒に家族写真を撮影するのも素敵ですね。七五三は、遠く離れている祖父母と触れ合うチャンスでもあります。

七五三の料理

せっかくの七五三なので、豪華な外食や特別な手料理で子どもを喜ばせてあげたいと考える方も多いでしょう。祖父母や親戚などを招いて食事会をするのであれば、お参り、写真撮影、食事会などが全てパックになったプランを提供しているホテルを利用するのもひとつの方法です。
レストランや料理屋で外食をしたり、仕出しをとって自宅でゆっくりとくつろいだりと、食事会のメンバーや人数によってさまざまな楽しみ方ができます。七五三の定番料理といえば、やはり和食懐石が中心で、お祝い事に欠かせない尾頭付きの鯛や赤飯、刺身やてんぷらなどが並ぶことが多いようです。

母親の手料理で喜ばせたいというのであれば、子どもが喜ぶお寿司もおすすめです。ちらし寿司をケーキ型やボールに入れてお皿に逆さまに載せるだけで、ケーキ寿司ができます。華やかな食材でトッピングすれば、見た目もとても豪華になりますよ。また、握り寿司をラップにくるんでくるくる回すだけで簡単にできる手毬寿司も、子どもが喜ぶ定番料理です。
準備にも食べる時にも手がかからず、後片付けも楽。家庭料理でも十分にお祝いすることができるでしょう。

七五三というと、子どもは普段着ることができない綺麗な格好ができる、千歳飴がもらえる、と喜ぶもの。少し大きくなったら、七五三の起源や由来などの基礎知識を与えてあげることも忘れないようにしましょう。また、ちょっとだけ手間をかけた七五三ならではの料理も一緒に楽しみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

日本の記念日に欠かせない食べ物の意味・由来

日本の記念日にはさまざまなものがあり、それぞれをお祝いするために欠かすことのできない食べ物があります。その意…

やすフォー / 1058 view

お迎えから送り盆まで!知って安心お盆の基礎知識

お盆は夏休みの特定期間のことではありません。迎え火や送り盆などの意味やマナーなどの基礎知識を深めて、先祖の霊…

やすフォー / 586 view

【こどもの日】定番料理の由来と簡単レシピ紹介

5月5日はこどもの日。端午の節句と呼ばれる由来について学びましょう。こどもの日の定番料理であるちまきやかしわ…

フラミンゴ / 401 view

関連するキーワード