七五三のおおまかな時期はわかっていても、いつ行うのがベストなのかについてはよくわからないものです。写真撮影のタイミングも合わせて考えてみましょう。

正しい七五三の時期

今のように乳幼児がすくすく育つ時代とは異なり、昔は3歳までに亡くなってしまう子供も少なくありませんでした。そのため、3歳の誕生日を迎えるということは当たり前のことではなかったのです。
そこで、3歳まで無事生きてこられたという感謝の気持ちや、これからも健やかに育つようにと願う気持ちを込めて行われるようになったのが、七五三です。初めて髪置きの儀が行われたとされる11月15日が正式な七五三の日で、昔はその日にこぞってお参りをしていました。

七五三は、それぞれ7歳、5歳、3歳を表していますが、昭和25年に「年齢のとなえ方に関する法律」が施行されるまでは、年齢を数え年によって言い表していました。
数え年とは、生まれた年を1歳とし、新年を迎えるたびに年齢がひとつずつ増えていくという考え方です。そのため、一般的には七五三の時期は11月15日に数え年で行うものとされました。

近年の七五三の時期

11月15日に数え年でお参りするのが七五三の伝統でしたが、その後、社会の変化とともに親も仕事でなかなか休みが取れないという実情もあり、11月15日前後の土曜日や日曜日に家族そろってお参りするようになりました。
また、11月15日前後は神社が混み合うことから、11月中に済ませれば良い、という考え方に変化していきました。
最近では、10月~11月という長い期間の中で、家族やお祝いしてくれる祖父母、親戚などの都合がいい日にお参りするのが一般的となっています。なかには混雑を避け、あえて平日を選ぶ方もいます。

数え年の3歳、5歳、7歳で行うのが伝統でしたが、法律で満年齢が定着したこと、3歳の数え年では儀式への参加が困難であることなどを理由に、徐々に満年齢でお参りするようになりました。
もちろん今でも数え年や11月15日にこだわってお祝いすることもあり、地域によっては独自の期間を設けているところもみられます。

七五三の時期の由来

七五三は、江戸時代に5代将軍であった徳川綱吉が自分の子どもの髪置きの儀を11月15日に行ったことが起源とされています。
神置の儀とは、昔は赤ちゃんは髪を剃るのが普通で、3歳になってから男女ともに髪を伸ばし始めることに由来しています。そのほか、男の子が初めて袴を着用するようになる5歳には袴着の儀、女の子が初めてひも付きの子ども用着物を着用するようになる7歳には帯解の儀があります。これらのことを由来として、3歳が男女、5歳が男児、7歳が女児のお祝いとして七五三の行事が定着していったのです。

明治時代には七五三が一般的に定着しましたが、数え年で儀式を行うことが当たり前でした。綱吉が初めて髪置きの儀を行ったとされる11月15日が、婚礼以外の祝い事に最も良いとされる二十八宿の寄宿日に当たることから、その日を選んでお参りするようになりました。

写真撮影のタイミング

七五三の記念に忘れてはいけないのが写真撮影です。晴れ姿を成長の証として残すことができます。また、お祝いを頂いた遠方の方にお返しの品と一緒に贈ることもできますよね。
写真撮影のタイミングについては、最終的には子ども次第ということになります。七五三当日に撮影するのがベストといえるのでしょうが、七五三のピーク時は写真館も予約が取れないほど混み合います。また、着慣れない着物やスーツに身を包んだ幼い子どもが、長時間その格好のままで耐えられないという問題もあります。

結婚式でも当たり前になっている前撮りを利用すると、七五三当日は儀式やお祝いに専念することができるのでおすすめです。子どもに負担を与えることもありません。
あまり早すぎても意味がなくなってしまうので、10月中旬頃を目安として写真館に予約を入れておくと良いでしょう。レンタルで着物を着用する場合も、七五三当日前までに撮影しておいた方が楽でしょう。

11月15日が七五三の正式な期日となっていますが、現在では家庭事情に合わせたり、神社の混雑を避けたりすることから、10月~11月までの間に済ませれば問題はありません。写真撮影も、混雑や子どもの負担を考えて前撮りしておくと当日が楽です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

日本の記念日に欠かせない食べ物の意味・由来

日本の記念日にはさまざまなものがあり、それぞれをお祝いするために欠かすことのできない食べ物があります。その意…

やすフォー / 1014 view

【ひな祭りの基礎知識】ひな人形の選び方・扱い方

3月3日は桃の節句といって、お祝いをする日です。ひな祭りに飾るひな人形の選び方や扱い方などの基礎知識を学んで…

サン / 721 view

節分の定番といえばコレ!人気の食べ物5選

節分は豆まきをするだけではありません。豆まきの由来と同じように、古い歴史や風習にちなんだ節分ならではのおいし…

やすフォー / 408 view

関連するキーワード