大晦日の習慣として定着している年越しそば。なぜ食べるのか、食べるタイミングはいつなのか、などの基礎知識についてきちんと理解しているでしょうか。

年越しそばを食べる理由

大晦日に縁起を担いで食べるそばのことを「年越しそば」といいます。その意義や理由については諸説あるので、基礎知識として知っておいても損はないでしょう。

年越しそばの起源は、鎌倉時代に博多のお寺で年を越せない貧しい人を対象としてそば餅を振る舞ったところ、翌年の運勢が上がったという話に由来しているといわれています。その後江戸時代には、年越しそばの習慣がすっかり定着しました。
ほかには、そばは細く長くのびるため「健康長寿」「家運長命」などの縁起を担いで食べるようになったという説もあります。これと同様、引っ越しそばには末永くよろしくという意味が込められているそうです。
さらに、金銀細工師が散らかった金粉をそば粉を使って集めていたことから、金を集める縁起物としても食されていました。新しい年の金運向上、そばが切れやすいことから災厄を断ち切るという願い、そばが風雨にさらされても日光を浴びると元気になるため健康祈願など、さまざまな説があります。

年越しそばを食べるタイミング

年末の風物詩のひとつである年越しそばは、どのタイミングで食べるべきなのでしょうか。大晦日の夕飯、除夜の鐘を聞きつつ年が明ける前まで、などそれぞれでしょうが、実際には、食べるタイミングや時間に明確な決まりはありません。
年越しそばを食べる意義や理由を重んじて、年内の厄払い、新年の金運向上などにあやかるのであれば、年を越すまでに食べることになります。しかし、各家庭の事情に合わせて食べても問題はなく、地域によっては、元日になってから食べる風習が残っているところもあります。
一般的には、年越しそばという名前から、大晦日の夕食やちょうど年を越す頃に食べるという家庭が多いようです。

どんなそばがおすすめ?

年越しそばは、真冬の時期に食べることになるので、温かいそばを食べるのが一般的ですが、好みで冷たいそばでも全く問題はありません。
11月~12月にかけて晩秋に収穫されたそばが粉に加工されて出回る時期であり、新そばを味わうには最も適している季節といえます。
出汁のとり方、味付けは地域によって多少違いがありますが、縁起の良い具材をトッピングして楽しむのもおすすめです。

多くの子宝に恵まれるようにという願いを込めたニシンや、腰が曲がるまで長寿でいたいとおせち料理などにも使用される海老をかき揚げや天ぷらにしてのせると豪華になります。
黄色が金色に通じることから縁起が良いとされる卵を卵焼きや伊達巻もトッピンフにオススメです。商売繁盛の神様であるお稲荷さんにあやかって油揚げをいれてきつねそば風に、など縁起の良い食材をのせてさまざまに楽しむこともできます。
また、一年を「ねぎ」らう意味や風邪予防の意味も込めて、ネギを薬味として使うのも良いでしょう。

地域の年越しそば

年越しそばには、どのような味で何を具材としてトッピングするかという明確な決まりはありません。地域によって独自の文化や習慣が定着しています。

豪快なニシンの甘露煮をトッピングして食べるのは京都や北海道。東京を中心として全国的にみられるものには、天かすをのせたシンプルなたぬき。かまぼこやしいたけ、卵焼きやほうれん草などをトッピングしたおかめ。海老の天ぷらやかき揚げをトッピングしたものなど、さまざまです。
より郷土色が豊かに表れているものもあります。岩手は名物のわんこそばで、昔は年の数と同じ数だけ食べる風習もあったそうです。沖縄は、ソーキそばと呼ばれる沖縄そば。九州では、丸天やさつま揚げなどをトッピングした天ぷらそば。福井では、ゆでたそばに大根おろしをかけた越前おろしそばなどが食べられています。
江戸発祥とされるそばが、全国でさまざまな形で広まっていることがわかりますね。

大晦日は年越しそばを食べないと、何か大切な物を忘れてしまったような気持ちになりますよね。おせちと同じように、年越しそばにも意義や由来があることがおわかりいただけましたでしょうか。意味を知ると、今年の年越しそばもより味わい深いものになるのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

クリスマスといえばこれ!定番料理をご紹介

クリスマスは外食もいいですが、家で料理を作って過ごせばゆっくりできます。クリスマスの定番料理を紹介しますので…

やすフォー / 397 view

クリスマスで食べる料理ってどんなもの?基本事項を知っておこう

クリスマスディナーには、コース料理を食べる人も少なくありません。クリスマスディナーはどんな構成になっているの…

やすフォー / 581 view

「お花見弁当もう決めた?」お赤飯の豆知識紹介

お花見は春の行楽行事です。お弁当にお赤飯を持参する人も多いのではないでしょうか?ハレの日を気持ちよく楽しむた…

サン / 775 view

関連するキーワード