節分には定義があり、日程が固定されているわけではありません。その意味や由来とともに、なぜ豆まきをしたり、恵方巻きを食べたりするのか、理由について考えてみましょう。

節分の意味と由来

節分とは本来、季節を分ける節目の日を指します。立春の前日だけでなく、立夏、立秋、立冬の前日にもあると定義されていたことから、昔は1年に4回ありました。しかし、日本では立春が1年の始まりとして重んじられたため、徐々に節分は春の節分のみを指すようになりました。
新しい年の始まる前日、つまり、大晦日を節分として、災厄を祓い清める儀式が行われており、そのうちに形が変化して一般に広まったものが現在の節分の由来とされています。

節分といえば、2月3日を思い浮かべる方がほとんどだと思いますが、節分は立春の前日にあたるため、実は年によって変わるのです。節分は、太陽の転貸上の通り道を360度で表した座標である太陽黄経によって決定されるため、立春の日は315度となります。地球の公転のずれによってうるう年があるように、年によって日にちが変化するのです。2016年から2024年までは2月3日ですが、2025年は2月4日になります。

豆まきをする理由

平安の頃は節分を大晦日とし、厄や災難を祓い清めるための行事が行われていました。室町時代以降になると、豆をまいて悪鬼を追い出す行事へと発展し、民間に定着していったものと考えられています。
節分の豆まきは中国の習俗が伝来したものとされていますが、昔、京都で鬼が出没した際に、毘沙門天のお告げ通りに鬼の目に大豆を投げつけたところ、鬼を退治することができたという逸話も残っています。そのため、豆を魔の目に投げて魔を滅するということに由来しているようです。

以前は、豆まきは一家の主人、または年男が行うものとされていましたが、現在はこだわりがなく、家族全員で行うことが多くなっています。「年の数だけ豆を食べると健康でいられる」という言い伝えは今でも生きているようです。
また、豆まきに使う豆は生ではなく、炒ったものでなければないとされています。これは、「炒る」が「射る」ことや「魔目」を「炒る」ことにつながり、鬼を封じ込めるという意味があるとされるからです。

恵方巻きを食べる理由

豆をまくのと同様に、節分の習慣として定着しつつあるものに、恵方巻きを食べるというものがあります。その年の福徳を司る歳神様のいる方角を恵方とし、その方向に向かって願い事をしながら食べ終わるまでしゃべることなく、太巻きを1本丸かじりするというものです。
縁起の良い七福神にあやかって、7種類の具を入れたり、「福を巻き込む」ことや、長生き、「縁を切らない」という縁起担ぎのため、切らずに一本丸かぶりする、などさまざまな定義づけがなされています。しかし、恵方巻きの起源や発祥、由来については諸説あり、明確なものがほとんどありません。
大正初期には、大阪で節分の時期にお新香を巻いた海苔巻きを恵方に向かって食べていたとか、寿司業界や海苔業界が幸運の巻きずしとして販売したなど、さまざまな説があります。
現代の恵方巻きブームは、1980年代に、大手コンビニが大阪や兵庫、広島などで地域限定で販売したものが、徐々に全国展開されていったものであるとされています。

2月以外の節分

節分は季節を分かつものであるため、2月の立春の前日だけでなく、5月の立夏や8月の立秋、11月の立冬、それぞれの前日も節分にあたります。
立夏は、春分と夏至のちょうど中間にあたり、この日から立秋の前日までが夏季となります。つまり、立夏の前日の節分までが春季となりますが、2月の節分のような大きな行事はありません。
同様に、立秋や立冬の前日となる節分も暦のうえでの季節の変わり目となる節目の日となりますが、2月のように大掛かりな行事が行われることはないようです。

節分というと、2月3日の豆まきや恵方巻きをイメージすることが一般的ですが、実は節分は1年に4回もあります。豆まきには古い由来があること、恵方巻きの歴史は比較的浅い、など、節分の由来や定義を正しく知っておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

知っておくべき!お盆とお墓参りの基礎知識とは?

お盆やお墓参りは日本の伝統です。胸を張って「日本人のお盆はこうだ!」と外国の人にも紹介できるよう、基礎知識を…

サン / 766 view

いつがベスト?七五三にふさわしい時期とは

七五三の正式な時期や由来を理解し、家族の事情に合わせて都合の良いお参りの日を決めましょう。写真撮影も混雑を避…

やすフォー / 430 view

知っているようで知らない十五夜!基本事項を覚えよう

十五夜という言葉を聞いたことがあっても、意味を説明するのは難しいかもしれません。十五夜とはなにか、十五夜の基…

やすフォー / 616 view

関連するキーワード