節分にはなぜ豆まきをするのか、なぜ大豆が使われるのか、なぜ鬼にぶつけるのか、など、日本の伝統的な行事の基礎知識について理解しておきましょう。

節分に豆まきをする理由

現代では節分というと、立春の前日となる2月のみを指すことが当たり前となっていますが、実際には季節を分かつ節目の日として、立夏や立秋、立冬の前日も節分といいます。
平安時代には、大晦日を一年の節分とする考え方がありました。「一年の中で最も気が乱れる日となる大晦日は、鬼や魔物が出やすい」として、弓矢を使って鬼を追い払う行事が行われていたそうです。その後、弓矢では広範囲に効果を及ぼすことができないため、邪気を祓う精霊が宿り、生命力にあふれる豆を使用して鬼払いをするようになったといわれています。

正しい豆まきの方法

豆まきには必ず炒った豆を用意します。なぜかというと、豆は「魔の目」を意味し、炒るは「射る」に通じることから、「鬼の目を射る」ことになるからです。また、生豆をまくと、拾い残してしまった際に、豆から芽が出てくると縁起が悪いとされているからです。
節分の夜まで三方という供物用の台や枡に入れて神棚に備えておくのが、正式な準備の仕方。豆まきは、鬼が活動する夜に行うのが一般的です。家庭では、鬼の面をかぶったお父さんが豆をぶつけられる役になることがよくありますが、厳密にはお父さんは家長なので、豆をまく側です。ほかに、年男や年女がまくものともされています。

豆まきの掛け声は地域によってさまざまで、その土地の慣習に従うことをおすすめします。
一般的には、窓を開けて外に向かって「鬼は外」、窓を閉めて部屋の中に向かって「福は内」、と声を上げながら下手で豆を投げます。悪い気が溜まりやすいとされる家の奥から順に豆を投げ、最後に玄関で、掛け声を2回ずつ唱えて終了となります。投げた豆を残らず拾って、年の数だけ食べるとご利益があるとされています。

大豆を使う理由

節分の豆まきでは、大豆を使うのが一般的となっています。昔は小豆であったとか、五穀であれば何でもよかった、など諸説ありますが、五穀のひとつである大豆には、穀霊が宿ると信じられており、古くから米とともにさまざまな神事に用いられてきました。
邪気を払う霊力がある大豆をまくことには、家の中の悪いものを祓い、良い気を取り込む意味が込められています。昔、京都の鞍馬に鬼が出没した際に、毘沙門天のお告げにしたがって大豆を鬼の目に投げたところ、鬼が退散したという伝説にも影響されているようです。

昭和30年代頃からは、北海道で豆まきに落花生を使用する習慣が定着したようで、その後は北海道や東北、信越地方の約8割は大豆ではなく落花生を使用しているようです。
また、落花生の産地として有名な南九州地方でも、落花生が使用されることが多いようです。最近では、小さなお子さんの誤飲防止、豆まきの後の掃除のしやすさなどから、全国的に落花生を使用する地域が増えています。

「鬼」とは?

豆まきと鬼の関係にはいくつかのエピソードがあります。鬼は日本の古いことばで「隠(おん)」に由来するといわれ、目に見えない気、邪気を象徴する隠が鬼であると信じられていました。戦乱や災害、飢饉など、恐ろしい災厄は全て鬼の仕業であると考えられていたのです。
毘沙門天の話に、鬼の目に豆をぶつけて退治したというエピソードがあることから、鬼を意味する邪気を豆をぶつけることによって追い払おうとするものです。
また、生豆ではなく炒った豆を投げる理由には、こんな話もあります。
村から娘をさらっていく鬼に、炒った豆を差し出し、豆の芽が出たら娘を渡すと約束したが、炒った豆であるため芽が出るはずもなく、鬼が現れなくなった、という物語です。
昔から恨みをもった怨霊が鬼に変わるともいわれており、悪や邪気を象徴するものが鬼であるため、豆を投げて邪気を祓うという行事が根付いたものと考えられます。

現代の節分というと、鬼の面をかぶったお父さんと子どもたちが楽しむ行事となっていますが、実は、節分の豆まきには古い歴史と伝統があるのです。子どもが理解できるような年齢になったら、なぜ節分に豆まきをするのかを教えてあげましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

なぜこの時期に?お彼岸の意味と由来

お彼岸は日本の文化ですが、なぜその時期にお墓参りをするのかについては案外知らないものです。そこで今回は、お彼…

やすフォー / 439 view

冠婚葬祭で食べられる料理、その意味・由来に迫る

冠婚葬祭は、人が生まれて亡くなり、その後にも行われる催し事全般を表すものであり、その時に応じて供される料理に…

やすフォー / 733 view

親は何を着るべき?気になる七五三の服装

七五三のときの母親や父親の服装にこれといった決まりはありません。子どもが主役であること、神社という場にふさわ…

やすフォー / 532 view

関連するキーワード