お正月につきものの初詣。でも、その意味や由来、いつまでにお参りすればいいか、神社だけでなくお寺でもいいのか、など、日本人でも意外に知らないことが多いものです。

初詣の意味と由来って何?

新しい年を迎えて、お正月に初めて神社やお寺、寺院などに参詣することを初詣といいます。初詣には大きく分けて2つの意味や由来があるといわれています。
1つは恵方参りが初詣に変化したとされる説です。恵方参りは、自分の住まいからみて縁起の良い方角である恵方にある神社やお寺などにお参りすることです。恵方参りは、その年を司る神様にお参りすることで年ごとにその方角が変化します。
もう1つは、年籠りが初詣に変化したとされる説です。年籠りとは、氏子となる家長が土地の氏神様を祀った神社に大晦日から元日にかけて籠り、豊作や家内安全を祈願する行事として古くから行われていたものです。この、大晦日から元日にかけて籠る、という行為がお参りに変化したのではないかとされています。
正月はもともと神道の儀式ですが、仏教要素の強い除夜の鐘との融合もみられます。単一宗教にとらわれない日本人の民族性が強く反映されたものといえるでしょう。

初詣に行く時期はいつ?

除夜の鐘とともに開門して、どっと人が流れ込む初詣の風景をテレビで見ることがありますが、初詣とは本来いつするものなのでしょうか。
諸説ありますが、元旦にするもの、三が日にするもの、松の内にするものなどと時代によって変化がみられます。厳格には、新年になって初めてお参りするものを初詣、大晦日の夜にお参りするものを除夜詣とします。また、元旦にお参りするものを元旦詣、31日から1日にまたがってお参りするものを二年参りなどと区別することもあります。

最近では初詣客が集中することを避けて、松の内といわれる1月7日までに済ませるというのが一般的になっています。ただ、昔の小正月を1月15日までとして松の内と呼ぶ伝統が色濃く残る京都や大阪などでは、今でも15日までを松の内としているようです。松の内までは歳神様がいると信じられていることも、松の内までに初詣に行くことに関係しているようです。

初詣に行く場所は神社?お寺?

初詣に神社に行くべきか、お寺にいくべきか、結論からいえばどちらにお参りしても問題はありません。
もともと無宗教国家である日本は、江戸時代まで神も仏も本質的には同じであるという「神仏習合」の考え方に基づいていました。そのため、神社、寺という明確な区別もなかったようです。
明治時代に入ると「神仏分離」が行われ、神社とお寺の性質が異なるものであるとされましたが、もともとの考え方に違いはないのです。

お寺は、インドなど海外から伝来した仏教の建物で仏像が祀られているのに対し、神社は、日本独自の神道の建物で、具体的な対象を祀ることなく、鏡や刀などを祀っていることが多いようです。
仏教や神道を信仰している場合は別として、無宗教の場合は、どちらに初詣しても問題はなく、三社詣などがあるように複数の神社やお寺を巡ることも可能です。先祖を祀る菩提寺や土地の氏神様を祀っている神社などにお参りしてから他を巡ってみても良いでしょう。

参拝方法はどうするの?

神社を参拝するときは、神の世界と俗界の境界線であることを示す鳥居をくぐる前に服装を整え、軽く会釈してから境内へと進みます。参拝する前に、手水舎で身を清めるために右手で柄杓を持ち、左手から洗い清めます。次に右手を清めたら、左の手のひらに水を注ぎ口をすすぎ、最後にもう一度左手を清めます。神前に進み姿勢を正し、賽銭箱に賽銭を入れ鈴を鳴らします。姿勢を正し、二拝二拍手一拝で拝礼を行います。参拝を終えて鳥居を出るときは、神様の方を向いて軽く会釈をしてからくぐります。

お寺を参拝する際は、できれば数珠を持参するようにしましょう。本堂の手前に線香焚き場がある場合は、線香を焚いてから本堂に進み、鐘があれば鳴らします。賽銭箱に賽銭を入れて、静かに合掌をして1年の感謝とお願い事をします。神社とは違うので拍手をしないようにしましょう。参拝が終わった後に御朱印をいただくと、写経をお寺に納めたことになります。

毎年多くの参拝客でにぎわう初詣ですが、その意味や由来などを理解してから松の内までに参拝を済ませるようにしましょう。お寺、神社、どちらでも構いませんが、それぞれの作法に従って参拝することが大切です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

知っておくべき!お盆とお墓参りの基礎知識とは?

お盆やお墓参りは日本の伝統です。胸を張って「日本人のお盆はこうだ!」と外国の人にも紹介できるよう、基礎知識を…

サン / 766 view

暑気払いの由来は?夏バテに負けない食べ物もご紹介!

暑気払いというのは暑い夏を乗り切るための先人の知恵が今の時代に伝わったものです。暑気払いに食べる食べ物やその…

やすフォー / 1197 view

楽しみ方徹底マスター!お正月の行事&遊び10

時代の流れとともに西洋化しつつあるといわれている日本伝統のお正月の行事や遊び。それぞれに込められた思いや意味…

やすフォー / 904 view

関連するキーワード