お正月の行事

お正月の「正」は、年の初めを意味します。年が改まることから正月と名付けられたそうです。正月行事の準備開始日は一般的に12月13日とされていて、正月の事始めと言われることもあります。
年越しは「年籠り」と言って、大晦日から元日にかけて家から出ることなく過ごし、年が明けてからお参りするのです。そのため、「初詣」と呼ばれているなど、お正月の行事にはそれぞれ由来や意味があります。
また、7日までを大正月や松の内、7日を七日正月や七草の節句、15日を小正月や二番正月、20日を二十日正月などと呼び、さまざまな儀式や行事を行っていました。

初日の出

初日の出は、一年の始まりである元旦の日に一番最初に上ってくる太陽のことを指します。初日の出とともに歳神様が現れると信じられており、古くから見晴らしのいい場所に集まり、日の出を拝むような習慣がありました。なかでも、山頂で迎える日の出のことを特別にご来光と呼んで有難がっていたといわれています。

おせち

おせちは「お節」と書き、季節の節目である節日に由来しているといわれています。節句の料理ともいわれ、5つある節句のなかでも、正月元旦は特別なお祝いとして歳神様に料理をお供えしていました。
また、歳神様がいらっしゃる正月三ヶ日は、台所に入らないことになっています。バタバタと音を立てて料理をせずに、かまどの神様も休めるという意味もあったようです。
昔は、大晦日の夜に神棚にお供えした料理を、年が明けた後に神様のおさがりとしていただくという習わしでした。現代のおせちは、お重に家庭の幸せや繁栄を願う意味のある食材を詰めるのが一般的となっています。

若水

若水は、邪気を祓うものとして信じられており、福水や若井、初井戸などとも呼ばれています。平安時代の頃、宮中で立春の日に主水司から天皇の奉った水を若水と呼んでいましたが、後に元日に汲む水を指すようになりました。
昔は、新しい年の年号、元日を書き入れ、注連縄をあしらった柄杓と桶を持って井戸や清水が湧く場所へ水を汲みに行っていたそうです。水を汲みに行く間に人に会わないこと、会っても口をきかないことなどがしきたりでした。汲んできた水は、新年の料理や福茶に利用されます。

お年玉

お正月は、もともと歳神様をお迎えする行事として古くからあったものです。歳神様は、幸福とともに魂を分け与えてくれ、それは一年分の力に値するものであると信じられていました。お正月にお供えする鏡餅は実は、歳神様の依り代であり、鏡餅に歳神様の魂が宿ると信じられていました。その歳の神様の魂が宿る歳魂として、家長が家族に鏡餅を分け与えたのが御歳魂(お年玉)で、これが現在のお年玉の起源とされています。
江戸時代になって、餅の他に金品を渡す習慣が根付き、次第に現在のようにお金に変化していったようです。

年賀状

昔は年賀状を出す習慣はなく、新しい年が明けると直接相手方の家に出向いて年賀の挨拶をしていました。そのうちに、正月に挨拶に訪れることができない方を対象として手紙を送るようになり、それがやがて現在の年賀状のようなものに変わったのだといわれています。
「あけましておめでとうございます」や「初春のお慶びを申し上げます」などの賀詞は誰にでも使えますが、相手が目上の場合は、4文字の賀詞を使い、1文字や2文字の賀詞は失礼にあたるなどのマナーもあることを知っておきましょう。

お正月の遊び

現代はお正月でもデジタルゲームで遊ぶことが一般的となっています。しかし、昔から伝わるお正月ならではの遊びがあることを知っておくのも、日本人として大切なことです。
おせち料理や正月飾りなどと同様に、伝統的なお正月の遊びにも、新しい年の幸せや家族の幸せ、成長を願う思いが込められているのです。

凧揚げ

平安時代の貴族の遊びとして伝えられ、戦国時代には兵器としても活用されたことがある凧揚げ。江戸時になると、男子の誕生祝いとして一般的となり、凧揚げは庶民の遊びとして広まりました。
空高く上がると神に願いが届くといわれており、正月に凧揚げをする習慣が根付いたようです。

羽根つき

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

節分の意味や由来とは?定義をわかりやすく解説!

節分の豆まき、恵方巻きは現代も定着しています。節分の本来の意味や由来など、伝統行事について正しく理解し、日本…

やすフォー / 454 view

日本の祝日の意味・由来!意外と知らない日程の秘密

学校や会社が休みになる嬉しい日本の祝日は、法律によって定められた国民の祝日です。あまり知らない祝日にこめられ…

やすフォー / 1030 view

冠婚葬祭で食べられる料理、その意味・由来に迫る

冠婚葬祭は、人が生まれて亡くなり、その後にも行われる催し事全般を表すものであり、その時に応じて供される料理に…

やすフォー / 630 view

関連するキーワード