日本には、お正月に書初めをするという伝統的な行事があります。その由来や伝統的な行事との関係、文字を書くのに必要となる道具などについてご紹介します。

書初めの意味

お正月の行事として古くから伝統のある書初め。もともとは宮中の文人が行った行事として始められたものです。
江戸時代の学校として有名な寺子屋は、一般庶民の子どもも勉強する機会が与えられる場所でしたが、そこでも、習字が行われていました。明治時代の学校教育においては、習字が必修科目とされたため、各地域で書初め大会が盛んに開催されるようになりました。

書き初めには、仕事始めの日に一年の抱負や目標などを書いて成就を願うという意味があります。新しい年に文字を書いて神様に納めることで、文字がきれいに書けるようになることを願ったものであるともいわれています。
現在でも、冬休みの宿題に書初めを課題とする地域もあります。小学校低学年のひらがなを使用した「まつ」「ふじ」「ゆめ」、中学年の「希望」「初夢」「迎春」、高学年の「初日の出」「希望の朝」「一日一善」など、お正月や年頭にふさわしい文字を書くことが多いようです。

書初めの由来

書初めは、元旦に初めて汲んだ若水を使って墨をすり、その年の恵方の方角を向いて詩歌を書くという昔の宮中の雅やかな行事に由来しているといわれています。
現在でもデパートなどで初売りや福袋の販売が行われていますが、昔も仕事始めの日に農家は作物を作り始め、商家は初荷を出すなどの初仕事が行われていました。この仕事初めの慣習にしたがって、文字を書いたり、絵を描いたりする書初めが始まったものと考えられています。

神様に納めるという意味から、昭和初期までは神棚や学問の神様の前で文字や詩歌を書いて納めていたといわれています。今でも「読み・書き・そろばん」の重要性が言われていますが、昔は文字を習得してきれいに書くことが最も大切なこととされていたのです。

書初めをする日

正式には、書初めをする日は1月2日とされています。これは、仕事初めと同様に、新しい年に初めてのことを行う「事始め」の日が1月2日とされていたからです。この日に始めたことは、何事も上達が早く長続きすると考えられていました。習字だけでなく、茶道や踊り、お琴なども事始めの1月2日から始められていたのです。
また、新しい年になってすぐに文字を書くという行為は、元日に抱いた抱負や目標、願いなどを文字にして表すこと、目標や願いが叶うよう、神様に自分が書いた文字を納めることなどの意味が込められていたと考えられます。新年の清々しい空気と墨の香りに包まれながら、姿勢を正し心穏やかに筆を持つという行為は、事始めにピッタリだったのでしょうね。

どんど焼きとの関係

どんど焼きは、新しい年の無病息災を願う行事で、古くから全国的に行われているものです。一般的には、小正月の最終日にあたる1月15日に実施されています。田んぼや空き地に竹やその他の木、藁や茅などで「どんどや」と呼ばれる小屋を設置。その後、各家庭から持ち寄った正月飾りの注連縄や松飾りなどを飾って燃やします。「残り火で団子や餅を焼いて食べると、病気やけがをしない」と信じられているそうです。
地方によっては、正月飾りと一緒に書初めを燃やす習慣が残っているところもあります。これは、どんど焼きの炎で書初めを燃やすと、文字が上手になると信じられていたためです。

書初めに必要な道具

書初めは平安の頃から伝承されている伝統的な行事です。1月2日に墨と筆という日本古来の筆記用具を使って、新年の抱負や願い、目標や座右の銘などを書くというものでした。
書初めは、通常の半紙や「半切」と呼ばれる半紙が縦に3枚つながった縦長の紙に文字を書くことが一般的です。大筆や小筆、硯、文鎮、下敷きなどが必要な道具となります。現在では墨汁を使用することが多くなっていますが、正月くらいは、少し高価な墨をすって書いてみるのも素敵ですね。

最近では、時の流れとともに正月に書初めをする姿はあまり見られなくなりました。新しい年の幕開けに、一年の豊富や目標などを思いを込めて書き、文字にして残すという行為は自己啓発にもつながります。あまり経験がないという方は、平安の頃から続く日本の伝統文化をぜひ体験してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

なぜお団子をお供えするの?十五夜の由来と伝説

十五夜にススキやお団子をお供えするのは一体なぜでしょうか?その由来とは?今回は、十五夜にまつわる意味やうさぎ…

サン / 861 view

楽しみ方徹底マスター!お正月の行事&遊び10

時代の流れとともに西洋化しつつあるといわれている日本伝統のお正月の行事や遊び。それぞれに込められた思いや意味…

やすフォー / 1028 view

【十五夜の豆知識】月の満ち欠け・月のもよう解説

普段ゆっくり夜空を見上げる時間がない人も、十五夜に備えて月の満ち欠けや月のもようについておさらいしてみましょ…

サン / 968 view

関連するキーワード