訪問先でお茶をいただくときに役立つ情報をご紹介します。おもてなししてくださる方の心も味わいつくせるように、しっかりとマナーを学んでいきましょう。

お茶の飲み方

茶道では、お茶の前にお茶菓子を先に食べるなどのマナーが色々ありますが、煎茶などの日本茶の場合は、見た目の美しさが重要。食後や食前に出されることも多いので、所作がスマートに見えるように心がけたいものです。

茶碗を添えてふたを持ち上げる

茶碗蓋の内側には水滴が付いています。そのため、茶碗の奥へ蓋を傾けて水滴を落とします。2度ほど軽く振るだけで何度も行う必要はありません。ポイントは、手前から蓋を開けること。茶托、つまりお盆がある場合は、蓋は右側に置きますが、転がらないように茶托の縁を使って蓋を支えると良いでしょう。

ふたを右側に返す

茶碗の蓋は、裏返して置くのが基本です。テーブルの上に茶碗が直接出される場合がありますが、その際は片手で蓋を持ち上げて、置くときに両手を添えるとよいでしょう。蓋の下側を左手などで添えると、見た目も美しいですね。

両手で茶碗を持ち上げて飲む

日本食は「器を持ち上げる」ことが多い文化です。茶碗も例外ではなく、両手を使って持ち上げます。問題は、器がとても熱い場合です。
ほとんどの茶碗の底には、「高台」と呼ばれる丸い台が付いています。茶碗を持ち上げたら、すぐにこの高台に手を添え、右手は茶碗の縁に軽く添えるようにすると飲みやすいでしょう。

元通りにふたをする

飲み終わったら蓋を戻すのが正式なマナーですが、ここでも注意することがあります。まず右手で蓋を手に取ったら、そのまま持ち上げるのではなく左手を添えることです。蓋につまみが付いている場合は、片手で蓋を支えながら持ちかえると、うっかり落としてしまうミスも防ぐことができます。

お茶を飲むタイミング

煎茶は基本的に飲みやすい温度になっていますから、そのまますぐに飲むのがマナーです。「すすめられたら飲む」と覚える人がいますが、茶道の濃茶のように、茶碗を一つで回し飲むような共有マナーはありません。従って、飲むタイミングは自分で決めてOKです。

出されたら早めに飲む

高級玉露などを本格的に入れた場合は、温度が想像以上にぬるいものです。これは茶葉をゆっくりを開かせるためで、お茶を出されたタイミングが飲み頃になっています。もったいぶるのは大変失礼になるので、注意しましょう。

すべて飲み干す

「社会人のお茶を出された時のマナー」は、実は邪道なことも多く、失礼にあたることも。茶屋に通じるマナーとは異なります。特に、新茶は香りも良いので、時間をかけてゆっくり頂くのがマナー。玉露には小さい茶碗が使われるので、2回から3回で飲み干してしまってOKです。

お茶請けの食べ方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

知っておきたい!ナイフとフォークの正しい使い方

洋食のマナーで最も苦労するのがナイフとフォークの使い方です。基本的な持ち方や料理のよって変わる正しい使い方に…

やすフォー / 670 view

【外食時の基本マナー】お店で気を付けることとは

家族や友人たちと外食をするのは楽しいです。普段は家で食べるご飯だからこそ特別な気持ちになったりします。そこで…

ぼんちゃん / 1646 view

スプーン・ナイフ・フォークしてはいけない使い方

食事のマナーでしてはいけないことは最低限覚えておきたいですよね。今回は、スプーン、ナイフ、フォークに関するテ…

ぼんちゃん / 1502 view

関連するキーワード