レストランで使うナプキンの正しい使い方をきちんと把握している人は、案外少ないもの。そこで今回は、ナプキンに関するテーブルマナーを詳しくご紹介します。

ナプキンの目的

ナプキンを使う目的には、「食事中に服を汚さないため」と「口元や指先の汚れを拭くため」の2つがあります。食事をする人が汚れないための物なので、綺麗なナプキンだからと汚すのを遠慮する必要はありません。レストラン側もナプキンは汚すために置く物と認識しているので、安心してください。

ナプキンの使い方

ナプキンは膝の上に置くのがマナーとなっています。少しずらした二つ折りが一般的ですが、他にも輪になった方を手前にして膝に置くという方法もよく使われていますね。だからと言ってナプキンを二つ折りにしないとダメというわけではないので、広げて使用しても大丈夫です。

ちなみに、海外ドラマなどで見かける首から下げる使い方は一般的ではなく、テーブルマナーとしても良いとは言えません。首から下げるとかっこよく見えるかもしれませんが、マナーを意識するならかっこよくても真似しないようにしましょう。

ナプキンを膝に置くタイミング

ナプキンを膝の上に置くことは知っていても、そのタイミングまでは分からないという人もいるのではないでしょうか? 膝の上に置くタイミングはオーダーが済んだ後です。早すぎたり遅すぎたりすると、マナー違反になるのでオーダーが済んだ後のタイミングで膝に置くようにしましょう。

口元を拭くタイミング

口元を拭くときは、ナプキンのどこを使ってもいいわけではありません。二つ折りにした内側を使うのが一般的なマナーになっています。内側を使うことでナプキンを戻した時も汚れが目立たないからです。
ワインなどを飲んだ後などもナプキンで口元を押さえると良いでしょう。料理の油分がワインの味を変えてしまうこともあります。また、グラスにべっとりと油分がついてしまうと、見ていて気分のいいものではありません。
食事のときは自分が楽しむことも大切ですが、一緒にいる人を不快な気分にさせないようにすることも大切です。

中座するときのナプキンの置き方

食事のときの中座は良いことではありませんが、どうしても席を外さなければならない時もありますよね。その際は、膝に置いたナプキンを椅子の上に置いて席を立つのがマナーとなっています。
また、いくら汚れていない面とはいえ、使用済みのナプキンをテーブルの上に置くのは品がありません。周りの人も、せっかくの楽しい食事に水を差されるような気分になってしまいます。

ちなみに、三角にしておくと『食事が続いている』という意思表示になるのだそうです。ナプキンひとつ取っても案外覚えることが多いですが、しっかりと頭に入れておきましょう。

食後のナプキン

食事の後、使用済みのナプキンを皆さんはどうされていますか?少しでもお店の人の手間が省けるようにと、綺麗にたたむ方もいることでしょう。その心遣いはとても素敵ですが、テーブルマナーとしてはナプキンをたたむ行為はマナー違反となります。『料理がまずかった』という合図になるからです。
とは言え、ぐちゃぐちゃになったナプキンを無造作に置いておくのも気が引けますよね。綺麗にたたまず、かつ汚く見えないように置くよう心がけましょう。

ナプキンに関するテーブルマナーについてご紹介しましたが、いかがでしたか?ナプキンの扱い方次第でさまざまな意味を表すので、しっかりと使い方を覚えておきたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

もう迷わない!カトラリーの種類・用途まとめ

カトラリーには種類があり、用途や使い方が異なります。基本マナーをしっかり習得して、どんな料理が出てきても堂々…

あおい / 2377 view

海外の反応に驚き!日本のお箸のマナー

日本文化はとても繊細で面白いと海外でも評判です。そんな日本文化の知識を深めるために、お箸の使い方や食事のとき…

ぼんちゃん / 1580 view

もっとおいしく!日本茶の淹れ方のコツ

日本茶はそれぞれタイプによって多く含まれる成分が異なるため、最適なお茶の淹れ方も異なります。コツを知っておく…

あおい / 896 view

関連するキーワード