おせち料理は年のはじめをお祝いするために欠かせない料理ですが、全て手作りすることを考えると気が重くなるかもしれません。そこで便利なのが通販のおせちです。ネットで簡単に注文できて、早期割を利用すればお得に購入できます。ぜひ一度試してみませんか。

1.基本的なおせちの中身

出典:shutterstock

おせちは重箱に入っていますが、重箱にはそれぞれ意味があります。一の重には祝い肴と口取りとして、伊達巻・紅白かまぼこ・数の子・黒豆・栗きんとんなどを詰めます。ニの重には、鯛や海老などの海の幸を焼いた物を、三の重には、紅白なますなど酢の物を詰めます。そして四の重には筑前煮やレンコン、クワイなどの煮物を詰めますが、3段の重箱を使う場合は、ニの重に焼き物と酢の物を詰め、三の重に煮物を詰めるなど重箱によって配置は変わります。

一般的なおせちの種類は20種類~30種類あります。何を作るかは家庭や地域による違いもあります。ただし一般家庭でおせちを作る場合、20種類~30種類の全てを作るのはかなり手間と時間がかかるため、5種類ほど作り、後はスーパーなどで既製品を購入して間に合わせる方が多いようです。

2.おせちをつくるのは面倒?

出典:Pixabay

おせち料理は昔から家庭で作られてきましたが、現在はおせちを作る家庭は減ってきています。理由については、面倒だからというのが最も多く、小さい頃からおせちを食べる習慣がなかったなど、かなり前からおせち離れが始まっていたというケースも見られます。作るのが面倒、買ったほうが手軽で美味しいという声も多く聞かれます。

昔は元旦やお正月三が日は、休業する飲食店が多かったのですが、今は元旦から営業している飲食店が多いことから、冷めているおせちを食べるよりも、出来たての温かい料理を店で食べたいと思う人がいるのも現実で、おせちはいらないと考えている人が増えているようです。

3. 通販を利用するメリット

出典:Pixabay

お正月にはおせち料理がなければ始まらない!でも作るのが面倒…いう方は通販を利用してみましょう。通販で購入するおせちは、中身が充実していてとてもおすすめです。値段によって種類が変わりますが、おせちの定番となる伊達巻・昆布巻き・紅白かまぼこ・数の子・栗きんとん・黒豆・煮しめなどはほとんどのおせちに入っています。

通販のおせちの内容は値段やメーカーによっても変わりますが、日本に古くから伝わる伝統的なおせちの他、洋風おせち、中華風おせち、イタリアンおせちなど種類が豊富です。人数によって内容や値段が変わってきますし、高いほど料理の品数も増え、見た目も豪華になっていきます。

本来なら年末から元旦に向けて、様々な料理を準備して重箱に詰めますが、通販でおせちを注文すれば作る手間が省けますし、プロの料理人が作った美味しいおせちが食べられます。値段だけを見ると高く感じるものもありますが、材料を全て揃え、下ごしらえや調理、後片付けの手間を考えると、購入したほうが安上がりな点は通販おせちのメリットと言えるでしょう。

4. 早期割とは

出典:Pixabay

通販のおせちは一般的に10月~11月くらいに注文が殺到し始めますが、それよりも前に注文すると早期割りで、通常価格よりも安く購入することができます。
お正月を迎える前には、大掃除やお正月の準備など何かと慌ただしくなります。おせち料理を作る手間が省ければ他に回せる時間が増えるので、余裕を持ってお正月の準備ができます。おせち料理を通販で購入しようと思っていても、注文締切のギリギリになると品切れで注文したくてもできない可能性があります。

早期割りを利用すれば、安く購入出来るだけでなく、おせちが品切れになる心配もありません。今は通販おせちの種類も増えていて、人気店のおせち料理を自宅で食べられるなどメリットも増えています。お店による違いはありますが、早いところだと9月中旬から、遅くとも10月には早期割りの予約が始まりますので、通販おせちを購入するなら早期割りを利用して賢く注文してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

こんなにあるの!?おせちの種類をご紹介

日本のお正月の伝統的な料理であるおせち。和風が一般的ですが、最近ではネットや雑誌などで洋風や中華など、さまざ…

やすフォー / 584 view

おせちの祝い肴とは?一の重につめるもの7選

祝い肴や口取りなどで構成されるおせち。今回はそんなおせちの基本や一番上のお重「一の重」につめるものについてご…

フラミンゴ / 1323 view

おせち料理の作り方は難しくない!簡単レシピ紹介

伝統的なおせち料理の作り方は手間がかかってしまいますよね。今回は、地方に伝わるおせちや洋風素材を利用したアイ…

サン / 952 view

関連するキーワード