通販おせちは早めに注文することで早割りといって通常価格よりも安く購入することができます。これは通販おせちを扱う多くの店が実施していますので、注文するなら早めの時期がお得です。ただし注文する時期が早くてもおせちはお正月に食べる物なので、お正月に安心して食べるためにいくつかのチェックポイントがあります。

1. 配送までの期間

出典:shutterstock

おせちの通販を請け負っている店によって早期割りの受付時期は異なりますが、だいたい9月中旬~10月初旬にかけて早期割りの受付を開始します。12月初旬まで注文を受け付けていますが、人気のおせちは早い段階で売り切れになることが多いので、早めの注文がおすすめです。
9月に注文しても、12月に入ってから注文しても、おせちが届くのは12月30日~31日にかけてです。注文してすぐに届くわけではなく、注文から配送までは少し時間が空きます。早めに注文したからすぐに届くわけではないということを覚えておいてください。

見落としがちなのが、配達地域です。全国に対応していても、一部を除くというような表記がある場合は、離島に配達してもらえない可能性があります。必ず配達可能地域かどうかも確認しておきましょう。

2.使用される具材の産地

出典:Pixabay

通販でおせちを注文する時に気をつけることの一つに、使用している具材の産地の確認があります。せっかく美味しいおせちが食べられても、食材の安全性が確認されていないようでは安心して食べられません。

おせちを作る工場が国内でも、具材の産地が海外であるケースもあります。また国内の材料を使い国内工場で作っていても、保存料や合成着色料を使っている物は安心できません。無添加のおせちでも放射線量検査をしていないのも不安です。具材の産地については、品目ごとに細かく明記されているかどうかチェックしておいてください。

3. 冷蔵・冷凍タイプの再確認

出典:Pixabay

通販おせちには冷蔵と冷凍の2つのタイプがあります。冷蔵は作りたてを送るので、保冷剤や保温できるような包装をして届きます。冷蔵ですから届いてすぐに食べられます。冷凍は凍らせた状態で送られてくるので、おせちが届いた後、解凍してからでなければ食べることができないため、少し時間がかかります。

冷蔵の場合は解凍が不要ですぐに食べられるので、届くのが12月30日か31日頃です。冷凍の場合は解凍する時間が必要になるため、12月29日か30日頃に届きます。特に30日と31日はおせちの配達が急増するので、日にち指定や時間指定ができないことが多いです。遅くとも30日か31日の午前中には届けてもらえるよう、そういう対応をしているお店を選ぶのもポイントです。

お店によっては配送した時にメールで知らせてくれるサービスを行っているところがあります。荷物の追跡もできるので、心配な場合はこういったサービスがあるかどうかを調べておきましょう。

4.賞味期限について

出典:Pixabay

通販のおせちは、添加物を一切使用せず具材の産地にもこだわり、冷蔵で届けるところが増えています。安心して美味しいおせちが食べられることから、年々人気が高まっています。ところが保存料等を使っていない場合は、賞味期限に注意が必要です。通販おせちの中身も種類がいろいろあり、料理によって賞味期限も変わってきます。

賞味期限については、パッケージや同封されているお品書きなどに記載されていますが、料理ごとに違うので必ず確認しておきましょう。地域によってはお正月の時期は気温が下がり、暖房が届かない廊下が0度近くになることもあるので、こういう場合は冷蔵庫に入れなくても廊下で保存できます。
しかし暖房をしている部屋では傷みやすくなるので冷蔵庫に入れておくのがおすすめです。生ものなどもあるので、出来るだけ賞味期限内に食べきるようにしましょう。種類による違いもありますが、通販おせちはお正月三が日に食べきるようにする、または賞味期限内に食べきれる量を注文すると安心です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

【お正月】どれが好き?おせち料理人気ランキング

年末年始の楽しみといえば、豪勢な「おせち料理」ですよね。数多くあるおせち料理の中で、一番人気はどの料理でしょ…

サン / 478 view

【おせち盛り付け】漆器の重箱に綺麗に詰めるコツ

漆器の重箱におせちを盛り付ける方法やルールをご存知ですか?今回は、各段ごとの基本の盛り付け方や、盛り付ける際…

サン / 1389 view

土用の丑の日っていつ?基本事項を学ぼう

夏になると土用の丑の日がやってきます。聞いたことはあっても、土用の丑の日の意味を知っている人はあまり多くあり…

やすフォー / 356 view

関連するキーワード