地域によっておせち料理の種類は少し違いがあります。全国からいくつかの地域をピックアップして、それぞれの特色を紹介します。

1. 東北ならではの御節

出典:shutterstock

お正月に食べるお雑煮は地域による特色が強いことで知られていますが、実はおせち料理にも地域による違いがあります。東北地方のおせちの特色としては、紅白なますに鮭の鼻先軟骨を使った氷頭なますを用意する家庭が多くみられます。

お正月前に新巻鮭を用意する家庭では、鮭の頭もあら汁などにして食べます。鼻先の軟骨はコリコリとして美味しいですし、コラーゲンも含まれているので美容にもおすすめです。鼻先の軟骨を薄く切り、酢に漬けておきます。酢がなじんだら紅白なますと軟骨を混ぜて氷頭なますとしておせち料理にします。軟骨が透き通っていて氷のように見えることから、氷頭なますと名が付いたと言われています。

東北地方は海の幸を贅沢に使ったおせちもあります。ちなみに東北地方や北海道では、おせちを大晦日に食べる風習があります。これも地域による違いはありますが、大晦日に年越しそばとおせちを食べるのは東北の大きな特色と言ってよいでしょう。

2.北陸で食べられる料理

出典:Pixabay

北陸地方には有名な郷土料理がたくさんあります。お正月には北陸でもおせち料理を食べますが、北陸ならではの料理が特色です。

北陸といえば日本海でとれる甘エビが有名です。おせち料理に甘エビはあまり使われませんが、新鮮な甘エビが手に入る北陸では、お正月に甘エビなど刺身を食べる家庭も多いです。
加賀では押し寿司が有名で、お正月に押し寿司を食べるのも人気です。押し枠に入れて一晩寝かすので、味がなじんで美味しくいただけます。北陸では柿の葉ずしやカブラ寿司も有名で、お寿司だけでもいろいろな種類が楽しめるのも北陸地方ならではです。

お正月にお餅を食べる時はお雑煮のイメージが強いですが、能登では小豆雑煮というぜんざいのようなお雑煮もあります。他にはお餅を小豆の餡で包んだあんころ餅が有名です。

3.四国で見つかる料理

出典:Pixabay

四国地方にも地域性の特色が出ている料理がいくつかあります。四国ならではの料理を紹介します。

香川では白味噌ベースのおつゆに、あんこが入ったお餅をいれたお雑煮を食べます。具材は大根や人参など野菜を入れますが、甘めの白味噌とあんこのお餅が意外と合います。お雑煮はベースによって味も香りも変わりますが、具材の違いやお餅の形や種類などはそれぞれに違いがあって面白いです。

お正月を迎える前日の大晦日には年越し蕎麦を食べますが、徳島では年越しにそば米雑炊を食べる習慣があります。そばの実を茹でてから乾燥させているので、雑炊にするとプチプチして美味。また高知ではおせち料理を重箱には詰めず、大きいお皿に並べるのが一般的です。皿鉢料理といって、浅く大きいお皿におせち料理を盛り付けます。

4.沖縄のおせち

出典:Pixabay

沖縄のおせち料理は一般的なおせち料理ではなく、オードブルを食べます。自宅で作ることもできますが、スーパーや仕出し弁当のお店に注文したエビの姿焼きや唐揚げ、海老チリなど立食パーティーに出てきそうなオードブルを食べるのが一般的です。お正月前になると、スーパーでもオードブル料理の詰め合わせが販売されるので、それを買って家で食べます。

沖縄といっても範囲が広くエリアによる違いもあり、重箱に詰める料理もあります。この料理は品数が7~9と決まっていて、お正月だけでなくお祝いごとがある時に食べられています。豚の耳の皮で作るミミガー、クーブイリチーという昆布と豚肉の炒め煮、豚のモツを使った中身汁、田芋でんがくなどが食べられます。豚肉を使った料理が多いのも沖縄料理の特徴です。おせちによく使われる筑前煮や昆布巻きなどが入っていることもあり、そこは日本全国同じようです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

手作り「ワンプレートおせち料理」の盛り付け方コツ

手作りおせち料理で最近話題になっているのが、ワンプレートに盛りつけるおせち。キレイに見せるコツ4つをご紹介し…

フラミンゴ / 3770 view

おせちを食べ終わった重箱の新たな使い道とは

既製品のおせちは重箱に詰められています。食べ終わった後の重箱を捨てるのはもったいないため、別の使い道を考えて…

やすフォー / 3531 view

おせち料理を手作りするときの詰め方ルール解説

新しい年の始まりを告げるおせち料理。手作りする方も多いと思います。今回は、おせち料理の詰め方の決まりや、上手…

フラミンゴ / 1135 view

関連するキーワード