普段あまり行事をしない人も、大晦日には年越し蕎麦を食べるのではないでしょうか。なぜ大晦日に年越し蕎麦を食べるのか、その理由や食べるタイミングを紹介します。

1. 大晦日に年越し蕎麦を食べる理由

出典:shutterstock

お正月におせちを食べるように、大晦日には年越し蕎麦を食べるのが習わしです。年越し蕎麦を食べる習慣は江戸時代には既に根付いていたと言われています。12月は師走というように、とにかくみんなが忙しく過ごす時期です。商屋では仕事が忙しくなる月末の晦日に、使用人たちの労をねぎらう意味で、蕎麦を振舞っていました。この習慣が広がり、1年の締めくくりとなる大晦日に年越し蕎麦を食べるようになったと言われています。

蕎麦は細く長いので、長生きできるようにという願いが込められているという説もあります。他にもそばは柔らかく切れやすいので、その年の厄を断ち切るという意味で、新年を迎える前の大晦日に蕎麦を食べるようになったとも言われています。

蕎麦は春と秋の2回収穫できますが、春は手間がかかるので秋に収穫するのが一般的です。秋に収穫した蕎麦の実を粉にして出荷するのがちょうど師走になることから、お蕎麦が美味しい時期ということで大晦日に年越し蕎麦を食べる習慣ができたとも考えられているようです。

2.どんな蕎麦を食べる?

出典:Pixabay

年越し蕎麦と言っても種類はいろいろあります。どんな蕎麦が食べられているのかを見てみましょう。蕎麦の種類は、そばを高く盛り付けるもりそば、ザルにのせ海苔をのせたざるそば、蒸籠に乗ったせいろ、蕎麦と汁が温かいかけぞば、冷たい蕎麦に冷たい汁をかけたぶっかけがあります。どんな蕎麦を食べるかは好みもありますが、寒い時期には温かい蕎麦が人気です。

年越し蕎麦は地域による違いもあります。北海道や京都でははニシン蕎麦、福島ではざくざく煮という根菜類とこんにゃくなどを煮た具材とだしで食べます。栃木ではにゅうめん、島根では出雲そばというように、地域によって蕎麦の種類も変わってきます。香川県では年越し蕎麦ではなく、年越しうどんを食べるのが一般的です。高知県ではカツオ蕎麦、沖縄は沖縄そばがよく食べられています。

他にも天ぷらそばや、山菜そば、なめこおろしそばなど好みでトッピングや味付けを変えることもできます。蕎麦屋や自宅で食べるのが一般的ですが、最近はインスタントのカップそばを食べる人も増えているようです。カップそばも種類が増えているので、1人暮らしの人や作ったり食べに行ったりするのが面倒なら、カップそばもありかもしれません。

3. 蕎麦に入れる具

出典:Pixabay

年越し蕎麦を食べる時はどんな具材が選ばれているのかをチェックします。これは好みによって分かれる傾向がありますが、縁起がいいと言われる具材もあります。ニシンは子だくさん、海老は長寿、油揚げは商売繁盛、卵は繁栄や繁盛、ネギは苦労をねぎらうという意味があります。どれも蕎麦の具材によく合います。

人気ランキングでは、エビの天ぷらやかき揚げ、エビ以外のかき揚げ、かまぼこ、鶏肉や鴨肉、三つ葉、ネギ、ほうれん草、油揚げ、ニシン、きのこ、大根おろし・なめこおろし、山菜、たまご、とろろ、となっています。具材については縁起を担ぐもよし、好みで自由に選ぶもよし、とにかく美味しく食べられるのが一番です。

4. 食べるタイミング

出典:Pixabay

年越し蕎麦は大晦日に食べるのが一般的ですが、どのタイミングで食べられているのでしょうか?結論から言うと、その年の厄を断ち切るという意味では、年が明ける前に食べればいいことになるので、大晦日なら何時でもOKということになります。
年越しというと除夜の鐘を聞きながらというイメージですが、年を超えないように早めに食べきるのがいいようです。紅白歌合戦を見ながら食べる人もいれば、その日の夕食に年越し蕎麦を食べる人もいます。それぞれの家庭にあった食べ方を楽しんでくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

相場はいくら?いくつまであげる?お年玉のマナー

お正月に子どもが心待ちにしているお年玉。いくつまで、いくらあげればいいのかなど、お年玉に関する基本マナーにつ…

やすフォー / 428 view

年齢ごとに呼び名が違う?長寿のお祝い一覧

日本には、長寿のお祝いをする賀寿という伝統的な行事があります。年齢に応じてさまざまな種類や呼び名がある長寿一…

やすフォー / 666 view

日本の記念日に欠かせない食べ物の意味・由来

日本の記念日にはさまざまなものがあり、それぞれをお祝いするために欠かすことのできない食べ物があります。その意…

やすフォー / 824 view

関連するキーワード