お正月が明けて7日目に食べるのが、七草がゆです。日本に古くから伝わる行事の一つであり、七草を食べることには大切な意味があります。

1. 春の七草とは

出典:shutterstock

春の七草というのは、お正月が明けた1月7日に7種類の素材を入れたおかゆを食べる行事です。行事というイメージが強いのですが、実は五節句の一つでもあります。

春の七草は人日の節句にあたり、新しい年がスタートしてから一番の節句になります。春の七草以外では、3月3日の上巳の節句、5月5日の端午の節句、7月7日の七夕の節句、9月9日の重陽の節句があります。節句と名がつく行事が5つあることから、5節句と呼ばれています。
節句の由来は中国にありますが、中国ではその昔、季節の変わり目を節句としており、奇数月の、月と日が重なる日に祭事を行っていたとされています。それが日本に伝わり、5節句となったのです。

2.七草を食べる理由

出典:shutterstock

七草がゆを食べる理由は、節句に邪気を払い、その年1年を健康に過ごせるようにという願いと、五穀豊穣を祈る意味があります。節句は中国から伝わった風習ですが、中国では1月7日に7種類の素材を使ったスープを飲み、邪気を払う風習がありました。これが日本に伝わり、次第にスープからおかゆになっていったと考えられています。

新しい年を迎えると、お正月休みに入ります。特に3日までは普段とは生活サイクルなども変わりやすいため、7日目に区切りとして七草がゆを食べ、普段通りの生活に戻る区切りとするという理由もあります。

お正月にはおせちやお雑煮、他にもいろいろなご馳走を食べます。休みということもあり、朝からお酒を飲むという贅沢な過ごし方もできますが、それが続くと胃腸に負担がかかってしまいます。おかゆは消化がよく胃腸にも優しい食べ物です。暴飲暴食が続きがちな時期に、体をいたわるという意味でその時期に芽吹く7種類の素材を入れたおかゆを食べるのです。

3.七草に入れる素材

出典:Pixabay

七草がゆに入れる素材は、セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロです。聞いたことがある名前も、なじみがない名前もあるかもしれませんが、言い方が違うだけでどれも意外と身近にあるものです。セリは芹、ナズナはペンペン草、ゴギョウは母子草、ハコベラははこべ、ホトケノザは田平子、スズナは蕪、スズシロは大根のことです。

7種類の素材はちょうど七草がゆを食べる時期に芽吹きますが、それぞれに意味が込められています。セリは競り勝つ、ナズナは撫でて汚れを取る、ゴギョウは仏体、ハコベラは繁栄がはびこる、ホトケノザは仏の安座、スズナは神様を呼ぶ鈴、スズシロは清白という意味があります。

7種類の素材は身近な植物や野菜ですが、全部自力で揃えるとなると難しいことがあります。1月7日になるとスーパーなどで7種類の素材をセットにしたものが販売されているので、それを使って七草がゆを作るのが一般的です。どうしても揃わない場合は、用意できる物だけでも大丈夫ですし、ほうれん草や小松菜などでアレンジすることもできます。

4.食べるタイミング

出典:Pixabay

七草がゆはいつ食べると良いのでしょうか。七草がゆは朝食べるのが習わしです。1月7日に食べるということは知っていても、朝食べるというのを知らない人が多いようです。朝食を食べない人や、朝食はパンと決めている人には、少し違和感があるかもしれまません。
しかし消化がよく胃に優しいおかゆは、朝食にもピッタリです。7種類の素材を入れることで、栄養価もアップします。

七草がゆを作る前の1月6日の夜に、7種類の素材を揃えておき、細かく刻んでおきます。夜が明け7日になったら、朝おかゆを炊く時に7種類の素材を入れて七草がゆを作り、皆で食べるのが正しい春の七草の行事です。ただし今はそれほどこだわらない傾向があるので、朝に時間が無い場合は、お昼や夕食に食べるというのも良いでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

一大イベント!年越しにやる忘年会の楽しみ方は?

大晦日に開催する「年越し忘年会」。カウントダウンを待ちながら、大好きな仲間たちと特別な時間を楽しむ方法には、…

やすフォー / 436 view

お正月を楽しもう!お餅を使ったアレンジメニュー

お正月に欠かせないお餅。砂糖醤油などで食べるもいいですが、毎日となると飽きてしまいます。そこで、おすすめのア…

やすフォー / 427 view

華やかで美味しい!ホームパーティーおすすめ料理

親しい友人とワイワイ楽しむホームパーティの料理。ちょっとしたコツで、あまり手間をかけずに華やかでゴージャスな…

やすフォー / 296 view

関連するキーワード