お茶(日本茶)を飲むための飲み方やマナーを意識すると、いつも飲んでいるお茶が一層美味しく感じるかもしれません。知って得するお茶を楽しむための飲み方を紹介します。

1. 茶碗を持つマナー

出典:shutterstock

お茶(日本茶)にも飲み方のマナーはあります。家で飲む分には良いかもしれませんが、来客があった時やお茶の席に招待された時などマナーを知らないと恥をかいてしまうかもしれません。自宅でもお茶の飲み方のマナーを意識しておくと日頃から正しい習慣が身につくので、どこへ出かけてもスマートな振る舞いができます。

まずお茶(日本茶)を飲む場合の茶碗を持つマナーを覚えましょう。お茶は湯呑みがそのまま出されることが多いのですが、改まった席では蓋付きの湯呑で出されます。これはホコリが入らないようにするため、またお茶が冷めないようにという意味合いがあります。
飲み方は飲む前にいただきますと言い、左手で茶托を支え、右手で茶碗を持ちます。その後左手に持ち替え、右手を支え両手で持つようにして飲みます。

2.お茶を飲むときに気をつけたいこと

出典:Pixabay

お茶を飲む時は、一気飲みはしません。最初に一口味わい、次に香りを楽しみます。色を見ておくのもおすすめです。茶道とは少しマナーは違いますが、静かに上品に振舞うことが大切です。
女性の場合は口紅が茶碗についてしまうことがあります。この場合は懐紙や指で拭き取ります。間違っても茶碗に口紅をつけたままにしないようにしてください。お茶を飲み終えたら蓋がある場合は両手で持ち、右手で蓋を閉めます。最後にごちそうさまでした、と声をかけておきましょう。

大抵の場合、湯飲み茶碗は茶托に乗って出てきます。茶托ごと持って飲むのはNGなので、必ず茶碗だけを持って飲んでください。

3.お菓子を食べる時

出典:Pixabay

日本茶と一緒に茶菓子が出てくることが多いので、お菓子の食べ方も覚えておくと安心です。日本茶と一緒に出すのは和菓子です。和菓子は生菓子、半生菓子、干菓子の3種類に分けることができ、いずれも日本茶の苦味と合うように少し甘めに作られています。
生菓子は抹茶を飲むと時にも出され、主菓子とも呼ばれています。水分量が多く、餡を使った練り切りや、寒天を使って透明感を出した物、羊羹、求肥やきんとんなどがあります。

お菓子と一緒に出された時、茶道では先にお菓子を食べてから抹茶を飲みますが、日本茶の場合は最初にお茶を飲みます。先にお菓子を食べてはいけません。お菓子には黒文字が付いているので、食べる時は小さく切ってから、黒文字にさして食べます。小さいお菓子だからと一口で食べないようにしましょう。
お饅頭や干菓子は、手で割って食べてもOKです。場合によっては日本茶にケーキなどが出てくる場合もありますが、その場合もケーキを食べるのはお茶を飲んでから、食べる時はフォークで小さく切り分けて食べましょう。

4.姿勢に決まりはある?

出典:Pixabay

茶道なら姿勢など厳しく決まりがありますが、日本茶を飲む場合は茶道のような決まりは特にありません。しかし和室で畳に座る時のマナーや、和室に入る時のマナーなどは大切です。和室ではない場所でも日本茶とお菓子が出てくることがありますが、こういう場合でもやはり姿勢を意識する必要があります。

例えば綺麗な身なりをしていて所作なども美しい人が、お茶を飲む時猫背で飲んでいたらどう思うでしょうか?茶道のようなマナーはないとしても、お茶をいただく時は、姿勢を正すのは鉄板でしょう。お茶を運んでもらった時に、ありがとうございます、飲む時のいただきます、飲み終わりのごちそうさまでした、を言う時は軽く会釈をするなど姿勢も考えて振舞うのが美しくおすすめです。

おもてなしをする時のマナーも覚えておいて損はありません。お茶とお菓子を出す時は、お客様から見て左側にお菓子を置きます。おしぼりがある場合はおしぼりを右側に、お茶は真ん中に来るようにおきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

相手に喜ばれる!帰省時のお土産選びのポイント

お盆やお正月の帰省の際のお土産選びは悩みのタネ。相手に失礼のないように、また気を遣わせてしまわないような選び…

やすフォー / 367 view

お正月を楽しもう!お餅を使ったアレンジメニュー

お正月に欠かせないお餅。砂糖醤油などで食べるもいいですが、毎日となると飽きてしまいます。そこで、おすすめのア…

やすフォー / 544 view

日本で食べられる縁起のいい食べ物とその意味

日本には、正月に食べるおせちなどのお祝いの料理に縁起のいい食べ物が使われます。長い歴史や語呂合わせなど、食べ…

やすフォー / 2052 view

関連するキーワード