繊細な香りと旨味を味わうお茶にも、賞味期限があります。賞味期限を過ぎると、味はどのように変化するのでしょうか。保存の仕方、期限切れのお茶のチェックの仕方についても考えます。

お茶にも賞味期限がある?

一般的に、食肉やお惣菜などの劣化しやすい食品には消費期限、製造や加工の日から品質が保たれる期間が3ヵ月以内の食品には賞味期限、あるいは品質保持期限を表示するように決められています。
また、開封していない状態で正しく保管した場合の飲食しても安全な期限を消費期限、同様の状態でおいしく飲食できる期限を賞味期限として区別しています。
お茶は生鮮食品やお惣菜などと異なるため、賞味期限を表示することが普通です。お茶を乾燥ワカメなどの乾物の仲間として取り扱う方もいますが、お茶には3%ほどの水分が含まれています。外見に目立った劣化や変化がなくても、お茶本来の旨味や香りには寿命があることを理解しておきましょう。

期限切れのお茶は飲めない?

お茶の賞味期限は、あくまでもおいしく飲める期間を示しているものです。期限が切れたからといって、即飲めなくなるものではありません。お茶が劣化していないかどうか自分で判断するポイントを知っておけば、飲めないことはないのです。
まずは、茶葉の色の変化や湿気、カビなどの有無を目で確認します。次に普段通りにお茶を入れてみて、普通の緑茶の色と違いがあるかどうかを見てみましょう。劣化が確認できなければ飲むことができます。
見た目だけで確認ができない場合は、香りをチェックします。茶葉の状態、入れた状態、それぞれの状態で匂ってみると、緑茶特有の香りが失われていたりカビ臭がしたりすることがわかります。また、実際に飲んでみて、えぐみやいつもとは違う苦みなどがなければ、まだ飲める状態と言えるでしょう。

お茶の種類によって日にちが異なる?

お茶のパックや缶、袋などには、茶葉を詰めた日と賞味期限が表示されているのが一般的です。消費期限の日数は、お茶の種類やパッケージの形態によって異なります。また、メーカーによっても賞味期限の日数に若干の差があります。
お茶は、酸素や日光、水分や湿気などによって劣化してしまうため、保存方法によっても賞味期限に違いが出てくることがあります。賞味期限は、開封しない状態で温度変化などにも留意して保存された場合の日数を示したものです。そのため、開封したら2週間程度で飲み切るのが良いでしょう。
最近では、真空パックで外部からの影響を受けにくいパッケージに入れられたものも多く販売されています。一般的には1年くらい保存可能といわれていますが、なかには6ヵ月を目途にしているメーカーもあるようです。
玉露や煎茶などの粉茶を含むものは賞味期限が短い傾向があり、いり番茶などは1ヵ月程度と、茶葉の種類によって賞味期限の日数が異なる場合もあります。

正しい保存方法は?

お茶は光や熱、空気などによって変質しやすく、非常に繊細なものです。ほかの食品などの臭い移りもしやすい性質をもっています。そのため、少しでも長く持たせるための保存方法は重要であり、未開封、開封後で、保存方法や期間を区別することも大切です。
未開封の場合は、そのまま冷暗所で常温のまま保管するのが一般的です。すぐに冷蔵庫に保管してしまいがちですが、パッケージの内外の温度差によって結露ができることもあります。開封してなくても茶葉が湿りカビが発生する可能性があるので、冷蔵保管しないようにすることが大切です。
開封後の場合は、遮光性のある密閉容器に移して冷蔵庫ではなく冷暗所で保存するのが望ましいとされています。開封後、2〜3週間で飲み切るのが理想です。また、メーカーによっては開封前に冷蔵、冷凍することを推奨することもあるため、購入先の専門家のアドバイスに従うといいでしょう。

乾燥しているように見えるお茶は水分を含んでおり、空気や光などによって劣化してしまうため、賞味期限が設定されています。期限切れとなってしまっても飲めないことはありませんが、正しい保存方法を心がけ、なるべく早いうちに飲み切るようにすることが大切です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

和食の食べ方にもルールがある?基本事項をまとめました

和食は日本人が最も親しみのある食文化です。身近な和食の食べ方に関する基本事項を紹介します。

やすフォー / 550 view

世界から注目を集める!日本の調味料の秘密とは

和食が世界文化遺産に登録されたこともあり、料理だけでなく日本の調味料も世界から注目されています。その魅力や美…

やすフォー / 956 view

【開運!】干支と方位で見る九星の基礎知識

干支と方位で見る九星などを用いて、吉方位、凶方位などを鑑定することができます。夢を叶えたい方や開運したい方は…

ぼんちゃん / 1781 view

関連するキーワード