卵料理は、バリエーションも豊富でお弁当やおかずの定番メニューとして喜ばれています。定番メニューにアレンジを加える方法や美味しくつくるポイントをまとめました。

オムレツ

お子様に人気の卵料理。なかでも定番中の定番といわれているのが、オムレツです。ふわとろのマイルドな食感のおいしいオムレツは、簡単につくることができ、バリエーションが豊富なのも魅力です。
プレーンオムレツは、卵とスライスチーズだけでできるシンプルなものでありながら、外側がフワッとしていて中からトロリと半生状態で流れてくる卵の食感がたまりません。舞茸やエリンギ、マッシュルームなどのキノコ類とソーセージ、チーズを絡めれば、豊かなきのこの香りを楽しめる一品となります。また、ベーコンのほか、じゃがいもやタマネギ、ピーマンなどがたっぷり入ったスパニッシュオムレツは、野菜嫌いのお子様でも喜んで食べることでしょう。さらに、すりおろした山芋を加えてもっちりとした食感を出し、刻みネギをいれて醤油をかけるとお父さんのお酒の肴にもピッタリな和風オムレツにもなります。

卵焼き

子どものお弁当のおかずの定番として昔も今も変わらず人気なのが、卵焼きです。家庭によっても味付けや具材が異なるため、お母さんの味として長く記憶に残るものでもあります。アレンジの幅が広いため、砂糖の味を効かせた一般的な卵焼きだけでなく、さまざまな味を楽しむことができます。
大人の方にも人気なのが出汁巻きで、卵と出汁、醤油や砂糖、塩などの調味料を合わせて、薄い層を何枚も繰り返して巻くだけでつくることができます。また、めんたいこやちりめんじゃこ、野沢菜などをいれれば、塩味の効いたおかず、酒の肴として楽しむこともできます。さらに、ツナとキャベツを入れたり、ポタージュスープの粉末の素などを使ってもアレンジの効いた卵焼きをつくることができます。
具材と味付けは無限にあるので、お子様の好みなどに合わせていろいろつくってあげると喜ばれることでしょう。

茶碗蒸し

数ある卵料理のなかで好物であるという人が多いものの、家庭で料亭のような味を出せないと諦めてしまいがちなのが茶碗蒸し。しかし、出汁の取り方や「す」が入らないつくり方などのポイントをおさえれば、それほど難しいものではありません。
出汁には鰹節や椎茸などを使うこともありますが、家庭で簡単に失敗せずに作る方法として、市販のうどんスープを使用する方法があります。バランスのよい旨味が苦労しなくても再現できるのでとても便利です。
卵以外の具材としては、鶏ささみやえび、しいたけやかまぼこ、ぎんなんや三つ葉などが一般的ですが、お子様などがいる場合は、お好みの具材にアレンジしてもいいでしょう。
卵と出汁を混ぜてつくる卵液は、こし器を使ってこすとなめらかな仕上がりになります。器に入れた際にできる気泡を潰しておくと出来上がりに穴が空きません。また、蒸し器で加熱する場合は、温度が上がり過ぎないように蓋と蒸し器の間に菜箸を挟むと「す」が入りにくくなります。

煮たまご

ラーメンのトッピングの定番としても欠かすことができない煮たまご。卵を割るとトロリと流れて出す半熟の卵黄と、しっかりとした味付けがその魅力となっています。家庭で再現しようとすると、どうしても固ゆでになってしまったり、味がしみていなかったりと失敗することが多いものです。
煮たまごをおいしくつくるためには、いくつかのポイントがあります。まず、水からではなく沸騰したお湯に、冷蔵していたままの卵を入れることで、理想的な半熟状態にします。6分ほどゆでたらその後3分間冷水に浸して冷ましましょう。卵の殻を剥くときには、流水にあてるとむきやすくなります。次に、殻を剥いた卵を容器に入れてタレにつけますが、このとき失敗がないのが市販の麺つゆを使用することです。バランスのよい味付けになり、誰でも同じようにつくることができるためおすすめです。冷蔵庫で半日ほど寝かせれば、おいしい煮たまごが完成します。

シンプルな素材であるからこそ、メニューの幅も多い卵料理。ちょっとした工夫やコツを覚えるだけで、子どもから大人まで喜ばれる主役級の料理になります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

おしゃれ見えするテーブルコーディネートのポイント

テーブルコーディネートは、料理を引き立たせ一層おいしく感じさせてくれるものです。おしゃれに魅せるポイントにつ…

やすフォー / 655 view

料理の基本調味料「さしすせそ」使い方のコツとは

砂糖や塩など、日本料理の基本調味料は「さしすせそ」の順番で使うのが基本とされています。それぞれの特徴や使い方…

やすフォー / 477 view

【開運!】干支と方位で見る九星の基礎知識

干支と方位で見る九星などを用いて、吉方位、凶方位などを鑑定することができます。夢を叶えたい方や開運したい方は…

ぼんちゃん / 2095 view

関連するキーワード