お正月には欠かすことができないお年玉の歴史や由来には意外なものがあります。元になったものや子どもにしかあげない理由、お雑煮との関係などについて調べてみました。

お年玉が誕生した年代

お正月に付き物のお年玉の歴史は古く、中世の頃までさかのぼるといわれています。歳神様をお迎えする行事がもととなっているお正月ですが、江戸時代には、武士や町人、医者などがそれぞれの職業を象徴する太刀、扇、丸薬などを贈ったことが始まりであるとされています。
年の賜物から年玉と呼ばれるようになったという説のほか、神様にお供えした餅の玉を子どもに食べさせたことが起源であるという説もあります。
現在では、子どもにお金を与えるものとして定着していますが、いつ頃からこのような形になったのかははっきりしていません。昭和30年代の高度経済成長期に入ると、お金を与えることが本格的に浸透していったようです。
韓国や中国では、現在でも、子どもを災いや祟りから守るための行事として受け継がれています。

お年玉の元となったもの

お正月と関係の深いお年玉は、古来、新しい歳神様をお迎えする行事の一環として伝わっているものであるともいわれています。歳神様は幸福と魂を分け与えてくれ、それは人間の一年分の力に相当するものであると信じられていたようです。
お正月には鏡餅をお供えしますが、この鏡餅こそが歳神様の拠り代であり、魂が宿る場所であると信じられていたのです。歳神様のご利益を授かろうと家長が家族に鏡餅を分け与える習慣があり、これが「御歳魂」と呼ばれていたことから、お年玉の元となったとする説があります。
江戸時代に入って、餅の他に品物や金銭を渡す習慣が浸透したことによって、現在の形に変化していったのではないかといわれています。歳神様の魂と幸福のお裾分けとして分け与えられた餅が、お年玉の元ということを知らない方は多いようです。

子供にお年玉を上げる理由

お年玉の元となる歳神様の「御歳魂」が宿る鏡餅を家族に分け与えるのは、家長の役目であったように、お年玉は、本来、一家の大黒柱から家族に与えられるものでした。
また、家族以外でも、主人から使用人、師匠から弟子というように、目上の者が目下の者に渡す者というのが当たり前だったのです。
時代を経るとともに、餅の他に金品を贈る習慣が定着しますが、対等な関係にある大人同士がやり取りをする「御年賀」「御年始」という新しい習慣が生まれたため、お金を用いたお年玉が、目上の者から目下の者へという形で残り、子どもだけに与えるようになったようです。
現代では、大人から子どもに贈るのがお年玉、大人から大人へ贈られるお年玉の形が変化したものが年賀として残っています。明確な規定などはありませんが、20歳を過ぎたり、働いて自分で給料をもらうようになったりするともらわなくなるのが一般的なようです。

お年玉とお雑煮の関係

お年玉の歴史は古く、その起源や由来には諸説がありますが、最も有力な説として、歳神様を家にお迎えしておもてなしをするお正月の行事に関係があるとされています。
神様にお供えする鏡餅に魂が宿るとされており、三が日が過ぎるとそのお餅を分け与えて、一年の無病息災を祈ったとされています。新年1年分の力が込められたお餅であり、それを分け与えるのがお年玉のもとであるといわれています。そのため、この餅を食べるために供された料理がお雑煮であり、お雑煮を食べて体のなかに魂を取り込んだのです。
お雑煮には餅が欠かせず、お雑煮を食べないとお正月がきたような気がしないと思うのには、このようなお年玉の古い歴史も関係しているのでしょう。

お年玉の歴史は古く、歳神様をお迎えしてお祝いするお正月に由来しています。鏡餅に宿った「御歳魂」を分け与えることから始まったものであり、お雑煮で魂に込められた力を体に取り込むという習慣がありました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

年齢ごとに呼び名が違う?長寿のお祝い一覧

日本には、長寿のお祝いをする賀寿という伝統的な行事があります。年齢に応じてさまざまな種類や呼び名がある長寿一…

やすフォー / 619 view

和食は地域別でこんなに違う!味付け例紹介

世界に注目されている和食は、日本独自の調味料がベースとなっていまが、全国どこも同じというわけではなく地域別に…

やすフォー / 2405 view

お正月挨拶「あけましておめでとう」の由来とは?

お正月の挨拶、「あけましておめでとう」の意味や由来、いつまで使える挨拶なのか、などについて知り、日本の伝統的…

やすフォー / 486 view

関連するキーワード