歳神様の魂を分け与えることを起源とするお年玉は、正月の慣習として根付いています。いくらぐらいをいくつになるまであげればいいのか、お礼の金額などについても説明します。

お年玉の平均金額

お年玉は、元々鏡餅を丸くして分け与える「御歳魂」が由来となっています。昔は、100円玉や500円玉を子どもにあげるのが一般的でした。昔からの風習が形骸化され、金銭を与えるだけの習慣として残っている現代では、多ければ多いほどいいという考え方もあるようです。しかし、金銭感覚が損なわれないようにするには、年齢相応の額をあげるのが適しているといえるでしょう。
相場としては、小学生が3,000円、中学生が5,000円、高校生になると5,000円~10,000円、大学生が10,000円以上というのが平均的なもののようです。小さな頃は親が預かって代わりに貯金するというのが一般的ですが、小学校中学年以上になれば、望ましい金銭感覚や支出入管理能力を身に付けさせるために、子どもに任せてみることも大切です。

お礼の金額

お年玉のお礼については、頂いた方との関係やいくら頂いたかなどによっても考え方に違いがあるものです。
目上の者が目下の者にあげるものであり、あげる対象が収入のない小さな子どもであることから、お返しは必要ない、特に近親者であれば、お礼をもらうと他人行儀だという意見もあります。
一方、お年玉をもらったのは子どもでも、親のつきあいがあってもらっているのだから、お礼はきちんとすべきであるという意見もあります。その場合のお礼の金額は、半返しから同額などさまざまな意見があり、お礼を返すことで気を遣わせないように簡単な品物などを贈るのが一般的です。親戚づきあいでも人によっては、もらいっぱなしでお礼がないのは、非常識だと判断する方もいます。お年玉で頂いた金額ははっきりしているので、半額から同額を商品券で返すという方も多いようです。

お年玉をもらう年齢

親戚の赤ちゃんでもお年玉をあげるという人が4人に1人の割合でいるそうですが、一般的には、子ども本人が自分の手で受け取り、お礼を言えるようになる3歳くらいからというのが多いようです。問題は、いつまでお年玉をあげるべきかということでしょう。
さまざまな考え方がありますが、「大人になるまで」「働くようになるまで」の2つが主流のようです。大人という考え方は、以前なら成人を迎える20歳が節目とされていましたが、最近では、被選挙権が与えられる18歳も大人の節目として考えられます。成人するまで、高校を卒業するまで、20歳を過ぎても学生であれば学校を卒業するまで、などさまざまな考え方があるようです。高校を卒業して就職した場合は、成人していなくても立派な社会人として認める意味も込めてあげないという人もいます。

お年玉をあげる年齢

お年玉をもらう年齢と違って、お年玉をあげる年齢に関してはいつからいつまでという決まりはないようです。目上の者として収入のない目下の者に与えるという意味で言えば、あげる側の人間が社会的、経済的に自立していることが基本となるでしょう。社会人として収入を得ているのであれば、20歳になっていなくてもお年玉をあげる立場になることは十分に考えられます。
一方、20歳を過ぎていても大学などに在学中で仕送りをしてもらっている立場であれば、あげる必要はないという考え方もあります。しかし、若くして甥っ子や姪っ子が誕生し、叔父さんや叔母さんになることもあるため、アルバイト代から捻出する方もいるようです。このように、あげるかどうかは個人の判断に委ねられます。
いくつになったらあげないでいいかというのは、お年玉をもらう相手の年齢によるものなので、お年玉をあげることをなかなか卒業できないのも苦しいところでしょう。

お年玉の金額は人によってさまざまですが、年齢相応の額というものがあり、頂いた場合にはお礼をするという人もいます。また、お年玉をもらう年齢は、高校卒業や成人式を迎える年、大学卒業など、大人としての節目を迎えるまでというのが一般的であるようです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

年齢ごとに呼び名が違う?長寿のお祝い一覧

日本には、長寿のお祝いをする賀寿という伝統的な行事があります。年齢に応じてさまざまな種類や呼び名がある長寿一…

やすフォー / 959 view

節分の意味や由来とは?定義をわかりやすく解説!

節分の豆まき、恵方巻きは現代も定着しています。節分の本来の意味や由来など、伝統行事について正しく理解し、日本…

やすフォー / 454 view

【こどもの日】五月人形や鯉のぼりを飾る意味とは?

こどもの日は、なぜ五月人形や鯉のぼりを飾るのでしょうか?子どもの成長を願い武家社会から始まった習慣が、現在の…

サン / 390 view

関連するキーワード