テーブルコーディネートには、食器などの素材感、色や形、並べ方、料理を含むテーブル全体のカラーコーディネートなど、おしゃれに魅せるポイントがあります。

食器がポイント

おしゃれなテーブルコーディネートのポイントとして最も重要になるのが、食器です。陶器、磁器、せっ器があり、料理を盛り付けるためのものと飲み物用のものを揃える必要があります。
一般的には一人前のセットとして、ディナー皿、サラダ皿、スープ皿、カップ&ソーサーなどが最低限必要となります。テーブルリネンやテーブルウェアなどを美しく統一感のあるものにすると、すっきりとおしゃれに魅せることができます。
配置時は、一人分のスペースとして60㎝以上の幅があれば隣の人と肘がぶつかることもありません。テーブルクロス、皿、カトラリー、グラス、ナプキン、フィギュアの順で並べましょう。
料理が食べやすいように配置されていること、料理と器、器とテーブルウェアなどの色や形、大きさや配置などのバランスが整っていることなどに留意するとハイセンスに見えますよ。

ナイフレストでおしゃれに

正式な洋食のコース料理を振る舞う場合には、多種多様なカトラリーを買い揃え、ズラリと並べなくてなりません。カトラリーを購入するだけで大きな出費となるだけでなく、テーブルのスペースや準備に要する時間なども必要となります。そんなときに、便利でおしゃれなアイテムとして使えるのがナイフレストです。料理を食べ終わる度にナイフレストにフォークとナイフを置くことができるため、一対のカトラリーセットで全ての食事を済ませることができます。
ナイフレストには、シルバーやゴールドなどのゴージャスなものから、木製の温かみのあるものまで、さまざまな種類があります。食器やテーブルウェア、メニューに合わせて、いくつか準備しておくといいでしょう。和洋中、どんな料理のスタイルにも使用することができます。スプーンやナイフ、フォークなどをまとめておくことができるため、その都度置き場所に困ることもありません。

ランチョンマットを活用

テーブルコーディネートというと身構えて難しく考えてしまいがちですが、ランチョンマットを敷くだけでもいつものテーブルの雰囲気をガラリと変えることができます。見た目の美しさやおしゃれ感だけでなく、食器が直接テーブルに当たって音を立てたり、傷をつけたりするのを防いでくれるのも魅力です。
テーブルランナーとランチョンマットのテイストを合わせるだけで統一感が生まれ、全体的に落ち着いてみえます。イベントや料理に合わせてランチョンマットを使えば、気分も盛り上がります。
素材によっても雰囲気が変わり、ラタン素材でアジアンテイスト、い草素材で和のテイストを演出することもできます。また、カラーコーディネートで統一感を出せば、寒色系で夏の涼しげな雰囲気に。ダーク系で高級感のあるディナーの雰囲気に変化させることも可能です。

料理のカラーコントロール

テーブルコーディネートでは、配色が重要なポイントとなります。テーブル全体の色を同系色でまとめて、ピンポイントで反対色をアクセントカラーとして使ったり、季節の色を取り入れたりするととてもおしゃれに見えます。
まずは、誕生日、記念日、クリスマス、友人を招いてのホームパーティなど、何のためにテーブルコーディネートをするのかという目的を明確にしましょう。
どんな料理を、どんな食器で食べるかによってもテーブルコーディネートが変わってきます。テーブルコーディネートを背景色として料理というメインの色が置かれることを意識して色の配色を考えることが大切です。時には、テーブルコーディネートに合わせて料理に使う食材のカラーコントロールをすることも必要となることでしょう。

食器やナイフレスト、ランチョンマットなどを使用するだけで、普段のテーブルがおしゃれに生まれ変わります。そのためには、料理を含めたテーブル全体の素材や形を意識し、カラーに統一感やアクセントを持たせることがポイントとなります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

日本で食べられる縁起のいい食べ物とその意味

日本には、正月に食べるおせちなどのお祝いの料理に縁起のいい食べ物が使われます。長い歴史や語呂合わせなど、食べ…

やすフォー / 2052 view

出世魚の種類とは?意味・由来もご紹介

魚には成長に応じて名前が変わっていく出世魚がいますが、あまり詳しくは知られていません。代表的な魚の種類と意味…

やすフォー / 551 view

春の七草とは?知っておきたい基本事項

日本にはいろいろな行事や習わしがあります。お正月過ぎの春の七草もその一つ。春の七草がどういうものなのか、基本…

やすフォー / 344 view

関連するキーワード