その昔、宮廷や寺社への献上品として全国の野菜を集めた京都。寒暖差のある気候や肥沃な土壌によって、独特な特徴をもつ豊富な種類の京野菜が育まれ、今に伝えられています。

九条ねぎ

豊富な種類があることでも知られている京野菜。代表的なものといえるのが、九条ねぎです。
京都のねぎ栽培の歴史はとても古いもので、1300年ほど前にさかのぼるといわれています。日本の葉ねぎの代表品種として、300年以上前から九条周辺の地域で栽培されていたことから、その名が付けられました。青ねぎのなかでも長細く、葉の内部のぬめりに、ねぎ本来の甘みと独特の風味があるのが特徴です。年間を通して栽培されていますが、秋から冬にかけてが旬となります。
カロテンやビタミンBだけでなく、水溶性食物繊維も多く含んでいいます。一般的には、薬味や煮物、油揚げやイカと合わせた酢味噌和えなどに使用されますが、ねぎ焼きやグラタンなどでもおいしさが引き立ちます。

賀茂なす

江戸時代に紀州から京都御所に献上され、明治時代になって上質な水が流れる上賀茂を産地として一般に普及された賀茂なす。その特徴は何といっても250g~300gほどもあるボリュームのある大型なすであること、つやつやと光る深い紫色にあります。
大きいサイズですが、肉質はよく締まっていて緻密。煮炊きしても形が崩れることがありません。「なすの女王」とも呼ばれる京野菜のなかでも逸品として人気が高いものです。5月中旬からのお盆の頃に旬を迎えるため、真夏の実りを代表する野菜としても有名です。
存在感のある大きさをそのままに輪切りにして揚げた田楽や揚げだしが一般的で、肉厚でしっかりとした歯ごたえを楽しむことができます。また、トマトとの相性がいいので、煮込みやグラタンにもピッタリです。

万願寺とうがらし

大正時代に京都の北部に位置する舞鶴市にある万願寺周辺の地域で誕生したために、その名が付けられたといわれています。一般のとうがらしよりもふた回りほど大きいのが特徴で、長さも15㎝ほどあり、とうがらしの王様としての風格を醸し出しています。
果肉はとうがらしよりもピーマンに近く肉厚で柔らかく、甘みと独特の風味があるため、どんな料理にも活用できます。ビタミンCや食物繊維が豊富で、種も少ないことから、そのまま焼いて食べてもおいしくいただけます。
年間を通して栽培されていますが、地元では夏野菜として人気です。フライパンや網を使って焼き、かつお節や醤油をかけて食べるのが一般的ですが、砂糖や醤油などの調味料とじゃこをで煮込んだおばんざいも有名です。

みぶ菜

ギザギザとした葉先が特徴で、肥料を使わず畑の畝の間に水を引いて栽培された水菜を自然交雑してできたものがみぶ菜です。ヘラのような形の葉が特徴で、ピリッとした辛味とさわやかな香りが魅力となっています。
京都の千枚漬けに添えられるものとしてもよく知られています。数百年前から栽培されており、京都市中京区の壬生寺周辺で栽培されていたことから、その名が付けられたそうです。
最近では、通年で栽培されるようになっていますが、旬は11月~2月で冬の野菜です。ビタミンCや食物繊維を豊富に含んでおり、さっぱりとした風味。冬の鍋物だけでなく、和え物や炒め物、一夜漬けなどにも利用されています。

えびいも

海老のような独特な皮の縞模様と、曲がった形からその名が付けられたといわれています。また、安永年間に、「平野屋」の祖先である平の権太夫が、仕えていた青蓮院宮が長崎から持ち帰った里芋の種を蒔いて育てたところ、海老のような柄と形をした芋が収穫されたために、そのような名前が付けられたという説もあります。
粘り気が強く煮込んでも形が崩れず、中までじっくりと味をしみこませることができるので、炊き合わせなどに使われています。10月中旬から1月下旬頃に市場に出回るため、京都のおせち料理には欠かせません。ビタミンC、ビタミンEを豊富に含んでおり、コーンスターチをまぶして揚げるという調理方法もあります。

京都ならではの気候や風土を生かして育まれた京野菜は、種類が豊富。一般的な野菜と比較するとサイズや形、色どりが異なるものが多く、独特の深い味わいも魅力です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

当たり前のようで知らない?和室でのマナー

日本人にとり和室はとても身近ですが、洋室が増えていることから和室のマナーが見落とされがちです。ここでしっかり…

やすフォー / 592 view

今年の秋分の日はいつ?お彼岸におはぎを食べるのはなぜ?

秋分のお彼岸にはおはぎを食べるのが習わしとなっています。お彼岸と秋分の関係や、なぜ秋分の日におはぎを食べるの…

やすフォー / 765 view

食べ物にまつわる日本のことわざとその意味とは

先人の知識や経験に基づいてつくられた日本のことわざのなかには食べ物にまつわるものもたくさんあります。その一部…

やすフォー / 3234 view

関連するキーワード