60歳を迎えたお祝いである還暦を皮切りとして、日本には古くから伝わる長寿のお祝いが数多くあります。年齢によってさまざまにある長寿のお祝い一覧について説明します。

60歳~69歳

還暦

還暦は、「賀寿」ともいわれる長寿のお祝いのなかでも最もポピュラーなものとして知られています。還暦は、干支を一巡して「暦が還る」、「赤子に還る」ことに由来しているといわれ、満60歳、数え年で61歳になったことを祝うものです。
赤いちゃんちゃんこや頭巾などをプレゼントするのが定番となっています。赤い色は、生命力の象徴である太陽を表し、魔除けや厄除けの意味もあるとされています。

緑寿

緑寿は、2002年に日本百貨店協会が提唱した新しい長寿のお祝いで、昔からある長寿祝い一覧表などでは見つけることができないこともあります。満65歳、数え年で66歳になったことをお祝いするものです。
高齢化時代に入ったことにより、60歳定年制が崩れて還暦を過ぎてもバリバリ現役で働いている人も多くなっています。現役を退く65歳を本格的な高齢者になる年齢として打ち出されたもので、時代に合ったニーズによって誕生した新しい長寿のお祝いといえるでしょう。

70歳~79歳

古希

古希は、満69歳、数え年で70歳の長寿をお祝いするものです。中国で唐の時代に活躍した詩人、杜甫の詩の中の「人生七十古来稀也」とう一節に由来しているといわれており、日本の長寿のお祝いが中国の風習を起源としていることをうかがわせるもののひとつとなっています。
意味は、「70年の人生を生きる人は、昔から稀である」というものですが、今となっては、日本の平均寿命をはるかに下回るものとなっています。

喜寿

「喜」「寿」という2文字から縁起の良さやめでたさが伝わってくる喜寿。満76歳、数え年で77歳の長寿をお祝いするものです。
「喜」は楷書体に直すと「㐂」となり、分解すると七十七に見えることから、その名がつけられたといわれています。ラッキーセブンが2つ並ぶので、現在では個人的に最も嬉しいと感じる人もいるようです。

80歳~89歳

傘寿

傘寿は、満79歳、数え年で80歳の長寿をお祝いするものです。傘の文字を略字で表して分解すると、八と十になることに由来しています。
人生50年といわれていた時代から70年に延びただけでも驚くべきことなのですが、現代では、80歳を過ぎても元気な方が多くいらっしゃいます。昔は、80歳まで生きたいという願いはあっても、実際にその年齢に達してお祝いしてもらった人は、ほとんどいなかったのではないでしょうか。

半寿

半寿は、傘寿から1年経過した満80歳、数え年で81歳の長寿をお祝いするものです。傘寿を大々的に祝うため、半寿は、長寿祝い一覧表にも掲載されていないことも多いようです。
「盤寿」とも呼ばれ、半の文字を文化位置すると「八・十・一」となることに由来しているといわれています。

米寿

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

和食は地域別でこんなに違う!味付け例紹介

世界に注目されている和食は、日本独自の調味料がベースとなっていまが、全国どこも同じというわけではなく地域別に…

やすフォー / 2405 view

親は何を着るべき?気になる七五三の服装

七五三のときの母親や父親の服装にこれといった決まりはありません。子どもが主役であること、神社という場にふさわ…

やすフォー / 348 view

おせちが苦手な人も大丈夫!おすすめメニュー紹介

お正月の定番料理といえばおせちですが、味付けや使用されている食材で苦手という方もいます。そんなときにおすすめ…

やすフォー / 539 view

関連するキーワード