出世魚は、成長とともに呼び名が変わっていく魚で、食卓になじみのあるものも多くあります。縁起がいいとされる出世魚の種類や意味・由来を説明します。

スズキ

出世魚は、江戸時代の風習にその意味・由来があります。
江戸を統一した徳川家康の幼名が竹千代であり、その後、松平元信・元康・家康と名前を変えていったように、成長に伴って名前が変わる魚は縁起がいいものとして扱われていました。その文化が今に残っているといわれています。

スズキは、スズキ目・スズキ亜目・スズキ科に属する魚です。近隣の河川や海岸近くに広く生息しており、釣りの対象魚としても人気が高いものです。
成長とともに呼び名が変わる出世魚を代表するもので、20~30㎝ほどの幼魚をセイゴ、40㎝~60㎝のものをハネ、フッコ、そして成熟魚をスズキと呼んでいます。関東では、スズキがさらに大きく成長したものをオオタロウと呼ぶこともあります。

ボラ

ボラは、ボラ目・ボラ科に属する魚で、ほぼ世界中の熱帯や温帯に広く分布しています。大型魚であるため当たりもよく、海辺で好んで釣られる魚として知られているほか、食用としても利用されています。
成長に伴って、オバコやハク、イナッコ、スバシリ、イナ、と名前を変え、ボラと呼ばれるようになります。また、ボラが大きく成長したものをトドと呼ぶこともあります。
成魚の呼び名であるボラには、腹が太いという古い言葉の腹太や合腹が変化したという説があります。また、泥の中に頭を突っこんで餌をとる習性があることから、「掘る」が変化したという説、その形が角笛に似ており、胡語で角笛を「ハラ」と呼んでいたことからボラに変化したという説など、諸説あります。
また、成長過程の途中の呼び名、オボコは、子供などが可愛いことを表す「おぼこい」が語源、イナは、青灰色の背中が若い衆の髷の剃り跡に似ていたことから、現在の「いなせ」ということばの語源になったともいわれています。

ブリ

ブリは、スズキ目アジ科に属する魚です。北西太平洋に広く生息しており、春から夏にかけて暖流に乗って日本周辺の太平洋や日本海を通り、オホーツク海周辺まで北上します。回遊性の大型肉食魚であり、日本ではお祝い事や行事に欠かせない魚となっています。
さまざまな種類がある出世魚のなかでも数多くの呼び名があるものとしてよく知られています。稚魚をモジャコというほか、成長とともにツバス、ワカシ、イナダ、ハマチ、メジロ、ワラサ、メジロ、フクラギなどさまざまに呼び名が変わります。地域によっても呼び方が変わるので、これらの他にも地元ならではの呼び方があることでしょう。
日本では、12月に旬を迎えるため、魚へんに師走の師を書いて「鰤」と書くようになったといわれています。また、脂が乗っておいしいため、アブラが変じてブリになったという説もあります。

マイワシ

マイワシは、ニシン目・ニシン科に属する魚です。カタクチイワシやウルメイワシなどと同じイワシの仲間で、日本の食卓によくのぼるポピュラーな魚として親しまれています。
しかし、最近では、年々漁獲高も減っており、価格も高騰していることからもはや大衆魚とは呼べなくなっています。
大きさによって呼び名が変わる出世魚のひとつであり、稚魚がシラス、マシラス、数センチ程度の若魚がカエリ、アオコ、ヒラゴ、10㎝前後がコバ、15㎝前後がチュウバ、20㎝前後がオオバと、細かく呼び名が変わります。
また、地域によって、ユワシやナナツボシなどと呼ばれることがあります。

クロダイ

クロダイは、タイ科に属する魚です。東アジア沿岸に広く分布している大型魚で、太公望にとっては憧れの魚とも言えます。釣り人には、クロダイよりもチヌという別名の方がなじみが深いでしょう。
タイ科の大型魚としては珍しく、水深50mより浅瀬の沿岸域に生息しています。淡水河川に遡上することもあるため、地方によっては川鯛と呼ばれることもあります。
一般的には、10㎝程度のものをチン、20㎝程度のものをチンチン、25㎝~30㎝程度のものをケイズ、30㎝以上のものをクロダイと呼んで区別しています。地域によっては、ババタレやチヌ、カイズやオオスケなどと呼ばれることもあります。

魚には、稚魚から成魚になるまで何回も名前が変わる出世魚というものが存在します。日本独自の習慣であり、江戸時代の縁起を担ぐ風習にその意味・由来があるとされています。さまざまな種類の出世魚を覚えれば、魚屋で恥をかくこともないでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

【開運!】干支と方位で見る九星の基礎知識

干支と方位で見る九星などを用いて、吉方位、凶方位などを鑑定することができます。夢を叶えたい方や開運したい方は…

ぼんちゃん / 1718 view

お茶の賞味期限とは?味の変化はあるの?

一般的な食品とは異なり、いつまでも飲むことができると思いがちなお茶にも賞味期限があります。劣化すると味が変わ…

やすフォー / 366 view

知っているようで知らない?お茶の美味しい季節と種類

古くから日本人にとってなじみが深く、毎日の食事や休息に欠かすことができないお茶。お茶のおいしい季節や緑茶の種…

やすフォー / 300 view

関連するキーワード